ニンニクカズラ

  • ニンニクカズラ_img_0
    ニンニクカズラ @ 沖縄竹富島

基本情報

花名
ニンニクカズラ
英名
Garlic vine
学名
Mansoa alloacea
別名
ガーリックバイン, 大蒜葛, Garlic vine
原産地
ギアナからブラジル島などの熱帯アメリカ 
生活型
非耐寒性常緑蔓性小低木

コメント

ニンニクカズラとは

ニンニクカズラ(大蒜葛、学名:Mansoa alloacea)は、熱帯アメリカ原産で、ノウゼンカズラ科ニンニクカズラ属の非耐寒性常緑蔓性小低木です。夏から秋、花序を伸ばしラッパ状で先端が5裂する青紫色の小花を数個~十数個まとめて手毬状に咲かせます。時間と共に花色が褪せるので濃淡のある花が咲いているように見えます。和名の由来は葉や花を揉むとニンニク臭があることに拠ります。

一般名:ニンニクカズラ(大蒜葛) 、学名:Mansoa alloacea、別名:ガーリックバイン(Garlic vine)、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類シソ目ノウゼンカズラ科ニンニクカズラ属ニンニクカズラ種、原産地:ギアナ~ブラジル島などの熱帯アメリカ、生活型:非耐寒性常緑蔓性小低木、蔓長:200~400 cm、葉形:三出複葉、葉序:対生、小葉形:卵形/長楕円形、葉長:8 cm、葉色:光沢のある緑色、序形:散房花序、花形:ラッパ状、小花長:3.5 cm、花径:5~7 cm、開花期:5月~10月(現地では周年)、花の出る場所:葉腋、花の咲き方:10数輪纏めて手毬状に咲かす 花色:青紫(開花時)→白(時間と共に)、果実型:蒴果、繁殖方法:挿し木、用途:庭木、パーゴラ、アーチ仕立。

詳細情報

シソ
ノウゼンカズラ
ニンニクカズラ
ニンニクカズラ
花言葉
ありのままの私を見て / Watch me as I am ()
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
青, 紫, 白
開花時期
5月6月7月8月9月10月
高さ
200 ~ 400 [cm]
花径
5 ~ 7

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ハルシャギク_img
キバナヨウラク_img

ランダムな花

リアトリス_img
フトイ_img
モントレーイトスギ_img
インドネシアン・ワックス・ジンジャー_img
タビビトノキ_img
エンシクリア・コクレアタ_img
ラティビダ_img
バラ 'グラニー'_img
ボタン_img
バラ 'アワユキ'_img
トキワシノブ_img
イワオ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved