ニーレンベルギア

  • ニーレンベルギア_img_0
    ニーレンベルギア @ 木場公園

基本情報

花名
ニーレンベルギア
英名
Nielenbergia
学名
Nierembergia spp.
別名
Cup flower, アマモドキ, Nierembergia
原産地
アルゼンチン
生活型
半耐寒性多年草

コメント

ニーレンベルギアとは

ニーレンベルギア(学名:Nierembergia spp. )は、アルゼンチン原産で、ナス科の半耐寒性多年草です。銀盃草(ギンパイソウ)の仲間です。花弁は淡紫色や白色で小さなカップ状をしているので、英名では、Cup flowerと呼ばれます。花の中央部は黄色い。初夏から秋までの長期間、よく分枝して株が盛り上がり、多数の小花を咲かせ続けます。属名の Nierembergia はスペインの植物学者で、男子修道会「イエズス会」の修道士 John Eusebius Nieremberg の姓名に因みます。 花言葉は「許されざる恋」です。これはNieremberg さんが修道士であったことに拠ります。

一般名:ニーレンベルギア(Nierembergia)、学名:Nierembergia spp. 、別名:アマモドキ(亜麻モドキ)、cup-flower(カップ・フラワー) 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナス目ナス科ニーレンベルギア属ニーレンベルギア種、原産地:アルゼンチン、草丈:20~25 cm、葉形:羽状複葉、小葉形:線状、葉序:互生、放射相称花、両性花、花径:2 cm、花冠:杯型、雄蕊数:5、花色:白・紫・白と紫の複色、開花期:5月から9月。

詳細情報

ナス
ナス
ニーレンベルギア
ニーレンベルギア
花言葉
許されざる恋 / In love with unforgivable ()
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
杯形
葉のタイプ
羽状複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園
紫, 白
開花時期
5月6月7月8月9月
高さ
20 ~ 25 [cm]
花径
2 ~ 2

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
キク_img
マンゴー_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

カラミンサ・ネペタ_img
マルコポーロ_img
ルドベキア プレーリー・サン_img
アガスターシェ 'リコリスブルー'_img
カレープラント_img
菊 国華昴_img
椿 津川絞り_img
ルリトウワタ_img
メガクリニウム マキシマム_img
アカシデ_img
ヤブカンゾウ_img
グンナイフウロ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved