ティフォノドルム・リンドレイアヌム

  • ティフォノドルム・リンドレイアヌム_img_0
    ティフォノドルム・リンドレイアヌム @ 咲くやこの花館
  • ティフォノドルム・リンドレイアヌム_img_1
    ティフォノドルム・リンドレイアヌム @ 新宿御苑温室
  • ティフォノドルム・リンドレイアヌム_img_2
    ティフォノドルム・リンドレイアヌム @ 新宿御苑温室

基本情報

花名
ティフォノドルム・リンドレイアヌム
英名
Tifonodolm lindleyanum
学名
Typhonodorum lindleyanum
別名
Water banana, マダガスカルクワズイモ, ティフォノドルム, Typhonodorum
原産地
マダガスカル島、タンザニア
生活型
非耐寒性水性常緑多年草

コメント

ティフォノドルム・リンドレイアヌムとは

ティフォノドルム・リンドレイアヌム(学名:Typhonodorum lindleyanum)はマダガスカル島やタンザニア原産でサトイモ科ティフォノドルム属の非耐寒性水性常緑多年草です。水中や低湿地自生します。幹は緑色で葉が多数重なって出来た偽茎です。葉は大きく矢じり形をしています。 葉腋から水芭蕉のような花を咲かせます。黄色い小花が白い仏炎苞に包まれた肉垂花序に付きます。根茎は有毒なので食用とはしません。

一般名:ティフォノドルム・リンドレイアヌム、学名:Typhonodorum lindleyanum、別名:Water banana、マダガスカルクワズイモ、分類名:植物界被子植物単子葉類オモダカ目サトイモ科ティフォノドルム属ティフォノドルム・リンドレイアヌム種、原産地:マダガスカル島、タンザニア、環境:水中や低湿地、草丈:200~400cm、葉形:鏃形、葉縁:全縁、 両性花放射相称花花茎長:cm花の出る場所:葉腋花序形:肉垂花序、肉垂花序長:cm、仏炎苞長:60cm、仏炎苞形:半卵形、花色(実際には仏炎苞):白、花色(本当の花):薄黄、花径(本物):0.3~0.4cm、花形(本物):六角形、花被片数:4、雄蕊数:4、雌蕊数:1、開花期:4月-5月(低地)、5月-7月(高地)、果実型:液果、果実色:緑、種子色:褐色、種子長:0.4cm、果実期:晩夏

詳細情報

オモダカ
サトイモ
ティフォノドルム
ティフォノドルム・リンドレイアヌム
花のタイプ
放射相称花
花の配列
肉穂花序
花弁の形
その他
葉のタイプ
矢じり形
葉の縁
波状
鑑賞場所
湿地海岸植物園(亜)熱帯地域川・池
黄, クリーム
開花時期
4月5月6月7月
高さ
200 ~ 400 [cm]
花径
0.3 ~ 0.4

アクセスランキング(日別)

エーデルワイス_img
シャコバサボテン_img
コウテイダリア_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

マユミ_img
ヒャクリョウ_img
シロザ_img
ハナハマサジ_img
ノビル_img
ノルウェーカエデ プリンストンゴールド_img
クロスゲンチアナ_img
ボタンクサギ_img
ツルソバ_img
花菖蒲  ’鬼ヶ島'’_img
ロウバイ_img
サンビタリア_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved