カライトソウ

Sanguisorba hakusanesis

  • カライトソウ
  • カライトソウ
  • カライトソウ
  • カライトソウ
  • カライトソウ
  • カライトソウ
  • 花名
    カライトソウ
  • 学名
    Sanguisorba hakusanesis
  • 別名唐糸草, カラウチソウ, 唐打草, サングイソルバ, Sanguisorba, lilac squirrel
  • 原産地日本
  • 開花場所高山, 亜高山
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月
  • 花言葉深い思い

カライトソウとは

カライトソウ(唐糸草、学名:Sanguisorba hakusanesis)は、日本原産で、バラ科ワレモコウ属の多年草です。学名からサングイソルバ(Sanguisorba)などとも呼ばれます。夏に、長円形をした花穂に絹糸に似た桃色の雄蕊が目立ちます。葉は緑色で、奇数羽状複葉、葉縁に丸い鋸歯があります。花弁は無く、濃桃色の萼と長い雄蕊が毛虫のように垂れ下がります。花は先端から咲き始めます。茎が倒れやすいので、支柱で支えられます。
別科別属(シュロソウ科シライトソウ属)ですが、花名に「糸草」と付いて白花を咲かせる「シライトソウ(白糸草、学名:Chionographis japonica)」があります。

一般名:カライトソウ(唐糸草)、学名:Sanguisorba hakusanesis(サングイソルバ ハクサエンシス)、別名:lilac squirrel 、カラウチソウ(唐打草)、サングイソルバ(Sanguisorba)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科ワレモコウ属、原産地:日本、草丈:40~100 cm、葉形:奇数羽状複葉、花弁:無し、花序高:4~10 cm、花色:桃、開花期:6月~9月。


  • バラ
  • バラ
  • ワレモコウ
  • カライトソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    奇数羽状複葉
  • 葉縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ40.0 ~ 100.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花