コムギセンノウ

  • コムギセンノウ_img_0
    コムギセンノウ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
コムギセンノウ
英名
Lychnis coelirosa
学名
Lychnis coelirosa
別名
ビスカリア, Viscaria
原産地
地中海沿岸
生活型
一年草

コメント

コムギセンノウとは

コムギセンノウ(小麦仙翁、学名:Lychnis coelirosa)は、地中海沿岸原産でナデシコ科センノウ属の耐寒性一年草です。 別属のムギセンノウ(麦仙翁 、アグロステンマ)と似ていますが、より小振りの花を咲かせます。初夏に濃桃色(他の色もあります)の五弁花を咲かせます。花の中心部は黒紫色です。以前は、ビスカリア属(Viscaria oculata)の植物でした。

一般名:コムギセンノウ(小麦仙翁)、学名:Lychnis coelirosa、別名:ビスカリア(Viscaria)、Rose silene、ウメナデシコ(梅撫子)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコナデシコ科センオウ属、原産地:地中海沿岸 、生活型:一年草、草丈:25~60cm、茎は直立し良く分枝する、葉形:披針形、葉身:2~4cm、葉序:対生、花序:集散花序、花径:2~3cm、花弁数:5枚、花色:濃桃・青・白・紫・赤・複色で、中心部は黒紫色、開花期:5月~7月、果実型:蒴果、用途:庭植え、鉢植え。

詳細情報

ナデシコ
ナデシコ
センノウ
コムギセンノウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園
赤, ピンク, 青, 紫, 橙, 白
開花時期
5月6月7月
高さ
25 ~ 60 [cm]
花径
2 ~ 3

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
キバナヨウラク_img

ランダムな花

コスタス・コモーサス・ベーカリー_img
ウサギギク_img
クジャクアスター_img
ブライダルベール_img
イチハツ_img
フクジンソウ_img
パフィオペディルム・マリポエンセ_img
トックリラン_img
シバザクラ_img
ミソハギ_img
モミジイチゴ_img
チトセカズラ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved