ビジョナデシコ

  • ビジョナデシコ_img_0
    20040411_2_hanahaku
    ビジョナデシコ @ 浜名湖花博2004
  • ビジョナデシコ_img_1
    プラネットクリムソン
    ビジョナデシコ @ 浜名湖花博2004
  • ビジョナデシコ_img_2
    プラネットホワイト
    ビジョナデシコ @ 浜名湖花博2004

基本情報

花名
ビジョナデシコ
英名
Dianthus barbaltus
学名
Dianthus barbaltus
別名
ヒゲナデシコ, アメリカナデシコ, 美女撫子, 髭撫子, Dianthus barbaltus
原産地
ユーラシア大陸
生活型
耐寒性常緑多年草

コメント

ビジョナデシコとは

ビジョナデシコ(美女撫子、学名:Dianthus barbaltus) は、ユーラシア大陸原産で、ナデシコ科ナデシコ属の耐寒性多年草です。昔から、日本の庭先に植えられている身近な花です。真っ直ぐ伸びた茎の先端に、多数の花が固まるようにして咲きます。 花色は豊富で、白・赤・赤暗色・桃・橙・紫・黒・複輪があります。萼が発達したものが髭(ひげ)のように見えるので、ヒゲナデシコ(髭撫子)とも呼ばれます。花言葉は「勇敢」です。ビジョナデシコと中国原産のセキチクの交配種にテルスターがあります。
テマリソウ(手鞠草)は美女撫子の園芸品種で、花弁や、雄蕊、雌蕊が萼片のように変化した緑色をした緑色の花を咲かせます。

一般名:ビジョナデシコ(美女撫子)、学名:Dianthus barbaltus、別名:ヒゲナデシコ(髭撫子)、アメリカナデシコ(アメリカ撫子)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物網ナデシコ目ナデシコ科ナデシコ属(=ダイアンサス属)、原産地:ユーラシア大陸、欧州、草丈:30~70 cm、花色:白・赤・赤暗色・桃・橙・紫・黒・複輪、花径:2~3 cm、開花期:5月~6月、用途:切花、庭植え、花壇植え、花は可食。

詳細情報

ナデシコ
ナデシコ
ナデシコ
ビジョナデシコ
花言葉
勇敢 / Brave (04月25日, 06月10日)
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
赤, ピンク, 紫, 橙, 黒, 白
開花時期
5月6月
高さ
30 ~ 70 [cm]
花径
2 ~ 3

アクセスランキング(日別)

ネジバナ_img
オウコチョウ_img
アフリカハマユウ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

ソリダゴ_img
トウコマツナギ_img
ハナカイドウ_img
タテヤマリンドウ_img
チョウセイマル_img
プルモナリア オパール_img
イチョウ_img
シキミ_img
キンカチャ_img
シリブカガシ_img
クリンユキフデ_img
アベリア・エドワードゴーチャー	_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved