エキザカム

  • エキザカム_img_0

    エキザカム @ 麹町

基本情報

花名
エキザカム
英名
Exacum affine
学名
Exacum affine
別名
紅姫竜胆, Exacum affine, ペルシアンバイオレット, Persian violet, ベニヒメリンドウ, Exacum, ソコトラ・バイオレット
原産地
イエメンのソコトラ島
生活型
非耐寒性多年草

コメント

エキザカム(Exacum、学名:Exacum affine)は、イエメンのソコトラ島の固有種で、リンドウ科エキザカム属の非耐寒性多年草です。エキザカムと言えば、エキザカム・アフィネのことを指します。ソコトラ島では岩場に自生し、「ソコトラ・バイオレット」と呼ばれます。世界中で栽培が行われ、日本へは1928年頃渡来しました。葉は小さく、硬く、光沢があります。青紫色の花冠は先端で4~6裂し、黄色い葯との対比が綺麗です。良く分枝し、初夏~秋に、葉腋から小さな花を次から次へと咲かせます。開花時に芳香を放ちます。種小名の affine は「近似の」と言う意味です。白花品種や八重咲きもあります。エクサクム・アフィネ 'ホワイト・ロココ'は、八重咲きの白花品種です。

一般名:エキザカム(Exacum)、学名:Exacum affine(エキザカム・アフィネ)、別名:ベニヒメリンドウ(紅姫竜胆)、ペルシアンバイオレット(Persian violet)、分類名(APG III):植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目リンドウ科エキザカム属、原産地:イエメンのソコトラ島、環境:岩場、生活型:多年草、草丈:20~30 cm、葉色:濃緑色、斑入り有、葉形:卵形、葉序:対生、葉縁:全縁、花径:1~2 cm、花色:青紫・青・白、雄蕊数:5、雌蕊数:1で長く飛び出し先端が曲がる、葯色:黄、花の咲き方:一重・八重、開花期:6月~10月。

詳細情報

リンドウ
リンドウ
エキザカム
エキザカム・アフィネ
花言葉
愛のささやき / Sweet nothings
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
広卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
鉢花
青, 紫, 白
開花時期
6月7月8月9月10月
高さ
20 ~ 30 [cm]
花径
1.5 ~ 2

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved