ミズヒキ

  • ミズヒキ_img_0

    ミズヒキ @ 六甲高山植物園

基本情報

花名
ミズヒキ
英名
Polygonum filiforme
学名
Polygonum filiforme
別名
水引草
原産地
インド
生活型
多年生草本(宿根草)

コメント

ミズヒキ(水引、学名:Polygonum filiforme)とは、インド原産で、タデ科タデ属の多年生草本(宿根草)です。 細く真っ直ぐに伸びた花穂(総状花序)に、米粒大の小花(実際には萼)を疎らに付けます。比較的地味な草花であまり目立ちません。花茎には多数の節があります。葉は緑色が主ですが、稀に斑入りのものもあります。葉形は楕円形で互生し表面に産毛が生えています。和名は、花被片が4つに深裂し、上3つは赤く、下1つは白いので、祝儀袋に掛かっている赤白の水引に例えられ命名されました。白花だけの水引はギンミズヒキ(銀水引)と呼ばれます。 草姿が別科別属(バラ科キンミズヒキ属)で黄金色の花を咲かせる キンミズヒキ(金水引)と似ています。

一般名:ミズヒキ(水引) 、学名:Polygonum filiforme 、別名:ミズヒキソウ(水引草) 、シノニムス:Antenoron filiforme、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱タデ目タデ科イヌタデ属 、原産地:インド 、草丈:40~80cm、花色:赤・白、開花期:8月~10月、花序:総状花序、花序長:30cm、花径:0.4cm。

詳細情報

ナデシコ
タデ
イヌタデ
ミズヒキ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道
赤, 白
開花時期
8月9月10月
高さ
40 ~ 80 [cm]
花径
0.4 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
テマリソウ_img
モントレーイトスギ_img
ミニバラ 'フォーエバー'_img

ランダムな花

ヒビスクス・セントジョニアヌス_img
ユスラヤシ_img
コウフクノキ_img
タブノキ_img
コンニャク_img
タカネマツムシソウ_img
ウマノチャヒキ_img
チューリップ・アイスクリーム_img
エニシダ_img
レブンソウ_img
リキュウバイ_img
サドワビスケ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved