ウンリュウヤナギ

  • ウンリュウヤナギ_img_0
    ウンリュウヤナギ @ かぎけん

基本情報

花名
ウンリュウヤナギ
英名
Salix tortuosa
学名
Salix matsudana var. tortuosa
別名
雲竜柳, コウテンヤナギ
原産地
園芸品種、大本の原産地は中国
生活型
落葉中高木

コメント

ウンリュウヤナギ(雲竜柳、学名:Salix matsudana var. tortuosa)は、中国原産でヤナギ科ヤナギ属の落葉高木 「ネッカヤナギ」(ペキンヤナギ、学名:Salix matsudana var. matsudana)の栽培変種です。樹幹は灰褐色、枝色は黄褐色で無毛、捩れがあります。 ペキンヤナギの枝は捩じれず、屈曲しません。葉形は線状披針形で大きく波打ち先端が尖っています。 葉縁には鋸歯があり、葉色は表が緑色で、裏側は白っぽい。春に咲く花は黄緑でネコヤナギ(猫柳、学名:Salix gracilistyla)に似ています。用途は庭木や、公園樹、捩れが面白いので生け花、枝の皮を剥き着色したものが花材として使われます。

一般名:ウンリュウヤナギ(雲竜柳)、 学名:Salix matsudana var. tortuosa、別名:コウテンヤナギ、ウンリュウ(雲竜)、 原産地:中国、 分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キントラノオ目ヤナギ科ヤナギ属、樹高:5~15m、樹幹:灰褐色、枝色:黄褐色で無毛、捩れがある。 葉形:線状披針形で大きく波打ち先端が尖る、 葉序:互生、葉縁:鋸歯あり、葉表色:緑色、葉裏色:白っぽい、雌雄異株、花色:黄緑、雄花序形:円柱形、雄花序長:2~2.5cm、花形:ネコヤナギ似、雄蕊数:2、葯色:黄、開花期:4月~5月、苞色:淡黄色、苞形:長楕円形、用途:庭木、公園樹、川沿いの並木、花材

詳細情報

キントラノオ
ヤナギ
ヤナギ
ウンリュウヤナギ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
尾状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
披針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
切り花・生け花公園
開花時期
4月5月
高さ
400 ~ 500 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

アサギリソウ_img
カワラナデシコ_img
ゼンマイ_img
マツバギク_img

ランダムな花

コリトプレクツス・スペキオスス_img
マルバウツギ_img
ウサギゴケ_img
ツルタコノキ_img
シロバナハンショウヅル_img
ヒスイカズラ_img
アンスリウム_img
バラ 'アワユキ'_img
クサアジサイ_img
センリョウ_img
バイモ_img
ハガクレツリフネ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved