ラベンダーデンタータ

  • ラベンダーデンタータ _img_0
    ラベンダーデンタータ @ 夢の島熱帯植物館

基本情報

花名
ラベンダーデンタータ
英名
Lavandula dentata
学名
Lavandula dentata
別名
ラベンダーデンタータ, Lavandula dentata, Dentata lavender, Fringed lavender, French lavender, 切れ葉ラベンダー, キレハラベンダー
原産地
スペイン、北アフリカ等の地中海沿岸
生活型
半耐寒性常緑小低木

コメント

ラベンダーデンタータ とは

ラベンダーデンタータ(学名:Lavandula dentata)はスペイン、北アフリカなどの地中海沿岸原産で、シソ科ラベンダー属(ラヴァンドラ属)の半耐寒性常緑小低木です。茎には4陵があり、地際から良く分枝します。葉色は灰緑色で対生します。春に、穂状花序を伸ばし薄紫色の小花を輪生に7,8段咲かせます。花は漏斗状で先端が5裂します。苞も紫色で長く持ちます。全草に芳香があります。用途は、庭植えや花壇、鉢植え、花材、ハーブ、ドライフラワーです。ラベンダー(Lavender)サルビア(Salvia)とよく似ていて見分け難いです。ラベンダー(Lavender)は,食用とされますが、サルビア(Salvia)は食用となりません。

一般名:ラベンダーデンタータ、学名:Lavandula dentata、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱シソ目シソ科ラベンダー属(ラヴァンドラ属)、原産地:スペイン、北アフリカなどの地中海沿岸、生活型:半耐寒性常緑小低木、樹高:60cm、葉形:線状楕円形、葉色:緑(若葉に灰白色の綿毛が密生)、葉序:2~3枚ずつ輪生、開花期:6月~8月、花序形:穂状花序、花色:紫、花形:筒状唇形、用途:切花、鉢植え、花や茎を料理スパイス、絞ってラベンダーオイル(花精油)を抽出し香料や香水の原料、薬草。

詳細情報

シソ
シソ
ラベンダー
ラベンダーデンタータ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
線形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
植物園公園園芸品種
開花時期
4月5月
高さ
40 ~ 90 [cm]
花径
0.5 ~ 0.8

アクセスランキング(日別)

ディエテス・ビコロル_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
フランスギク_img

ランダムな花

ラティビダ_img
リモニウム・スウォロウィー_img
ヘチマ_img
バラ 'セイリュウ'_img
ヒメヒオウギ_img
アフリカアイリス_img
マツゲガクツツジ_img
シロバナヨウシュチョウセンアサガオ_img
イワオモダカ_img
スイカズラ_img
ラシュナリア・ナマクエンシス_img
トックリキワタ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved