かぎけん花図鑑

ユキツバキ コシノベニシダレ

基本情報
花名
ユキツバキ コシノベニシダレ
英名
Camellia Koshinobenishidare
学名
Camellia rusticana cv. koshinobenishidare
別名
Camellia, Koshinobenishidare, コシノベニシダレ, ユキツバキ, 越の紅しだれ, 雪椿
原産地
日本
生活型
常緑低木
コメント
ユキツバキ ベニシダレ(雪椿 越の紅しだれ、Koshinobenishidare)は多雪地帯に自生するユキツバキの園芸品種です。花色は紅色です。
一般名:ユキツバキ ベニシダレ(雪椿 越の紅しだれ、Koshinobenishidare)、学名:Camellia rusticana cv. Koshinobenishidare、ツバキ園芸品種 雪椿園芸品種、常緑低木1~2m、楕円形葉形、単項花序、互生葉序、紅色、中輪、花径:8cm、一重咲き、平開、開花期:4月~6月。
詳細情報
ツツジ
ツバキ
ツバキ
ユキツバキ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
バラ形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
特定の地域
ピンク
開花時期
4月 5月 6月
高さ
100  ~ 200  [cm]
花径
8  ~ 8