かぎけん花図鑑

マルハチ

基本情報
花名
マルハチ
英名
Cyathea mertensiana
学名
Cyathea mertensiana
別名
原産地
小笠原(日本)
生活型
常緑大型木性シダ
コメント
マルハチ(丸八 、学名:Cyathea mertensiana)は、小笠原固有種でヘゴ科ヘゴ属の常緑大型木性シダです。 幹は直立し、樹高は5~10m以上になります。植物名は、葉が落ちた幹の表面の痕が、漢字の「八」の字を逆さにして「○」で囲んだ模様に似ていることから命名されました。幹先端に葉を冠状に叢生します。
一般名:マルハチ(丸八) 、学名:Cyathea mertensiana、分類名:植物界シダ植物門シダ網ヘゴ目ヘゴ科ヘゴ属マルハチ種、原産地:小笠原諸島、環境:林内で日当たりのよい草地、樹高:5-12m、直立、葉色:緑、葉身長:2m、葉柄長:30-70cm、葉身形:2回羽状複葉で深裂、葉縁:波状、頂芽:鱗片に包まれる、包膜無し、胞子嚢群(ソーラス):主脈脇に一列、胞子嚢群は最初から露出、鱗片:褐色~麦藁色で線状披針形で長い。
詳細情報
ヘゴ
ヘゴ
ヘゴ
マルハチ
花のタイプ
花の配列
花弁の形
葉のタイプ
2回羽状複葉
葉の縁
波状
鑑賞場所
温室 特定の地域
赤, 橙
開花時期
高さ
500  ~ 1200  [cm]
花径
 ~