シュンラン

  • シュンラン_img_0
    シュンラン @ 後楽園ドーム
  • シュンラン_img_1
    シュンラン @ 後楽園ドーム
  • シュンラン_img_2
    シュンラン @ 後楽園ドーム
  • シュンラン_img_3
    シュンラン @ 後楽園ドーム
  • シュンラン_img_4
    シュンラン @ 後楽園ドーム
  • シュンラン_img_5
    シュンラン @ 後楽園ドーム

基本情報

花名
シュンラン
英名
Noble orchid
学名
Cymbidium goeringii
別名
春蘭, Noble Orchid, 日本春蘭, 東洋蘭
原産地
日本と中国
生活型
野生蘭

コメント

シュンランとは

シュンラン(春蘭、学名:Cymbidium goeringii)は、日本~中国原産で、ラン科シュンラン属の野生蘭です。山地に自生し、地中に根を張る地生蘭です。草丈は最大でも30cm程で立ち上がります。葉は根生葉で葉縁に鋸歯があります。茎は偽球茎で白~ピンクの薄皮で緩く覆われます。春に、茎先先端に、一茎一輪、花を咲かせます。花は側萼片2枚と上萼片1枚で3角形を成し、それぞれ緑色で披針形をしています。側花弁2枚は緑色の碗状で蕊柱を保護するように覆います。唇弁は1枚で、白地に赤紫色班があり、先端は内側に巻きます。尚、唇弁以外が緑色ではなく、橙色や黄色、紫、白、赤色のものを「色花」と呼んでいます。春に咲く蘭から名付けられました。東洋ランとして観賞用に栽培されています。
花言葉は「飾らない心」。

一般名:シュンラン(春蘭) ,学名:Cymbidium goeringii、別名:Noble Orchid、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科 シュンラン属シュンラン種、生活型:野生蘭、原産地:日本、中国、生活環境:山地、草丈:10~30 cm、葉縁:鋸歯、葉形:線形、花色:白・緑色、花径:4~6 cm、開花期:3月~5月、用途:鉢植え、山菜、蘭茶、備考:古典園芸植物。

詳細情報

キジカクシ
ラン
シュンラン
シュンラン
花言葉
誠実な愛情 / Sincere love (03月26日)
花のタイプ
左右相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
ラン形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室園芸品種低山
開花時期
3月4月5月
高さ
10 ~ 30 [cm]
花径
4 ~ 6

アクセスランキング(日別)

シャコバサボテン_img
コウテイダリア_img
オウコチョウ_img
ホウセンカ_img

ランダムな花

ツバキ カゴシマ_img
ルリフタモジ_img
カーネーション 'ムーンダスト ライラックブルー'_img
ミヤマリンドウ_img
ブナ_img
ブーゲンビリア_img
ヒメビジョザクラ_img
ユリ・エルドレッド_img
シライトソウ_img
ミズナラ_img
山紫陽花 'つる姫'_img
マメザクラ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved