ナラガシワ

  • ナラガシワ_img_0

    ナラガシワ @ 京都府立植物園

  • ナラガシワ_img_1

    ナラガシワ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
ナラガシワ
英名
Oriental white oak
学名
Quercus aliena
別名
楢柏, Quercus aliena, カシワナラ, Oriental white oak
原産地
中国と日本
生活型
落葉性広葉高木

コメント

ナラガシワ(楢柏、学名:Quercus aliena)は、中国、朝鮮半島、日本原産で、ブナ科コナラ属の落葉性広葉高木です。北海道、青森、沖縄を除き、日本全国に自生しています。ミズナラ(水楢)と比べ、葉が大きく、葉柄があります。本種は波形の鋸歯ですが、コナラは鋭角の鋸歯が有ります。雌雄同株(monoecious)、雌雄異花で、春に葉の展開と同時に開花します。雄花は薄緑色で垂下する尾状花序を咲かせます。雌花は新枝の葉腋に花序を付けます。花後に堅果(どんぐり)を成らせます。

一般名:ナラガシワ(楢柏)、学名:Quercus aliena、又名:Oriental white oak、カシワナラ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ブナ目ブナ科コナラ属ナラガシワ種、原産地:中国及び日本、樹高:15~30 m、樹幅:90~100 cm、樹皮色:灰褐色で不規則な割れ、葉質:皮質、葉表:深緑色、葉裏:灰色の星状毛密集のため白っぽい、葉形:倒卵状楕円形、葉身長:15~30 cm、葉幅:5~15 cm、葉柄長:2~3 cm、葉序:互生、葉縁:波状の鋸歯、開花期:4月~5月、雄花序長:5~7 cm、雄花径:0.25 cm、雌花序:数個の雌花、花柱:3、果実型:堅果、堅果長:2 cm、堅果形:楕円形、成熟期:秋。

詳細情報

ブナ
ブナ
コナラ
ナラガシワ
花のタイプ
花の配列
尾状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
低山
緑, 橙
開花時期
4月5月
高さ
1500 ~ 3000 [cm]
花径
0.5 ~ 1

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
アリノスダマ_img
イエローサルタン_img
テマリソウ_img

ランダムな花

グロキシニア_img
オオアワダチソウ_img
クロトン_img
トネアザミ_img
額紫陽花 桃の山_img
ナツメ_img
アマドコロ_img
ペチュニア ’メルリン ブルーモーン’_img
ツバキ コウミョウ_img
ゲッカビジン_img
カネノナルキ_img
チャマメ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved