ミズナラ

  • ミズナラ_img_0
    ミズナラ @ 京都府立植物園
  • ミズナラ_img_1
    ミズナラ @ 唐招提寺

基本情報

花名
ミズナラ
英名
Quercus crispula
学名
Quercus crispula
別名
オオナラ, 水楢, 大楢
原産地
中国、日本 
生活型
落葉広葉高木

コメント

ミズナラとは

ミズナラ(水楢、学名:Quercus crispula)は中国、日本原産で、ブナ科コナラ属の落葉広葉高木です。日本の北海道~九州の山地に自生します。水分を多く含むため燃え難く、強度もあります。葉は倒卵形で葉縁に鋸歯があり、互生して付きます。葉は、最初は緑色ですが、秋に黄葉します。雌雄同株で、花は春に咲き、風媒花となります。果実はドングリとなりますが、渋くて食用となりません。材は高級家具やウィスキーの樽材、高級木炭、椎茸栽培用のほだ木に用いられます。

一般名:ミズナラ(水楢)、学名:Quercus crispula、別名:オオナラ(大楢)、ミズボウソウ、APG植物分類体系:植物界被子植物真正双子葉類ブナ目ブナ科コナラ属ミズナラ種、原産地:中国、日本、生息分布:北海道~九州、生活環境:山地、生活型:落葉広葉高木、樹高:20〜30 m、樹径:1.5 m、樹皮色:灰褐色~暗褐色、若枝:無毛、葉形:倒卵形、葉身長:7〜20 cm、葉幅:7 cm、葉色:濃緑(おもて)、薄緑(うら)、葉柄:ほぼ無い(0.3 cm)、葉身基部:耳朶状、葉色:緑から黄葉へ変色、黄葉時期:10月〜11月、葉序:螺旋状に互生し枝先で束生、葉縁:三角状の荒い鋸歯、雌雄同株、雄花花序:尾状花序、雄花色:黄褐色、雌花序:短い、雄花序長:4~5 cm、開花期:5月、果実型:堅果、果実長:2 cm、果実形:楕円形、果実色:茶色、殻斗形:椀形、結実期:10月~11月。

詳細情報

ブナ
ブナ
コナラ
ミズナラ
花のタイプ
花の配列
尾状花序
花弁の形
葉のタイプ
倒卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
低山亜高山
開花時期
5月
高さ
2000 ~ 3000 [cm]
花径
0.2 ~ 0.3

アクセスランキング(日別)

サイコトリア・ペピギアナ_img
オウコチョウ_img
サルビア・ミクロフィラ 'ホットリップス'_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

コマユミ_img
グロリオサ_img
ヒツジグサ_img
アメリカシャガ_img
カマツカ_img
アイビーゼラニウム_img
イヌザクラ_img
アメリカハナノキ_img
アサツキ_img
ノブドウ_img
ハンニャ_img
ウバメガシ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved