ハマボウフウ

Glehnia littoralis

  • ハマボウフウ
  • ハマボウフウ
  • ハマボウフウ
  • ハマボウフウ
  • 花名
    ハマボウフウ
  • 学名
    Glehnia littoralis
  • 別名浜防風, Glehnia littoralis, American Silvertop, 八百屋防風
  • 原産地日本、朝鮮半島、カムチャッカ、台湾、中国
  • 開花場所海岸
  • 開花期5月, 6月, 7月

ハマボウフウとは

ハマボウフウ(浜防風、学名:Glehnia littoralis)は、日本、朝鮮半島、カムチャッカ、台湾、中国原産で、セリ科ハマボウフウ属の海岸性の常緑多年生野草です。海岸の砂浜に深く根を張って自生します。茎や花柄に白い軟毛があります。葉は肉厚で光沢があり野菜にされます。初夏から夏に花序を伸ばしセリに似た小さな白花を密に咲かせます。根は防風の代用とされます。果実は10数個の分果が密着して球形になります。

一般名:ハマボウフウ(浜防風)、学名:Glehnia littoralis、分類名:植物界被子植物真正双子葉類セリ目セリ科ハマボウフウ属、別名:八百屋防風、American Silvertop、原産地:日本、朝鮮半島、カムチャッカ、台湾、中国、分布:北海道小葉:海岸、生活型:海岸性常緑多年生植物、草丈:10~15 cm、葉形:1-2回3出複葉、葉序:互生、葉身長:1.5-6 cm、小葉形:倒卵状楕円形、葉縁:鋸歯、花序:複散形花序、花序径:10-15 cm、花色:白、花冠:五弁花、花径:0.2 cm、開花期:5月〜7月、果実長:0.4-0.6 cm、用途:野菜、薬用。


  • セリ
  • セリ
  • ハマボウフウ
  • ハマボウフウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    多散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    2回3出羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型海岸性常緑多年生野草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 15.0 cm
  • 花径0.2 ~ 0.2 cm

ランダムな花