かぎけん花図鑑

ハナスベリヒユ

基本情報
花名
ハナスベリヒユ
英名
Portulaca grandiflora
学名
Portulaca oleracea cv. giganthes
別名
Portulaca, ポーチュラカ
原産地
インド
生活型
這性非耐寒性多年草
コメント
ハナスベリヒユ(花滑莧、学名:Portulaca oleracea cv. Giganthes)は、インド原産で、スベリヒユ科スベリヒユ属の這性非耐寒性多年草です。スベリヒユ(滑莧、学名: Portulaca oleracea)の近縁種です。花の感じが、 マツバボタン(松葉牡丹)と似ていますが、 葉肉がへら状になっていることや、花が一重であることで見分けられます。 学名からポーチュラカ(Portulaca)、葉形からヘラマツバボタン、ヒロハマツバボタンとも呼ばれます。全草がエジブルフラワーでスープやサラダなどに使われます。
一般名:ハナスベリヒユ(花滑莧)、学名:Portulaca oleracea cv. Giganthes、正学名:Portulaca oleracea L. x P. pilosa L. subsp. grandiflora 、別名:ポーチュラカ(Portulaca)、ヘラマツバボタン、ヒロハマツバボタン 、分類名:ナデシコ目スベリヒユ科スベリヒユ属、原産地:インド、草丈:3~15cm、花径:2~3cm、花色:赤、白、桃、橙、黄、開花期:6月~10月。
詳細情報
ナデシコ
スベリヒユ
スベリヒユ
ハナスベリヒユ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
へら形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
赤, ピンク, 橙, 黄, 白
開花時期
6月 7月 8月 9月 10月
高さ
3  ~ 15  [cm]
花径
2  ~ 3