かぎけん花図鑑

ヒゴロモコンロンカ

基本情報
花名
ヒゴロモコンロンカ
英名
Red Flag Bush
学名
Mussaenda erythrophylla
別名
Mussaenda erythrophylla, ムッサエンダ, Red Flag Bush, ムッサエンダ・エリトロフィラ, 緋衣崑崙花, ムッサエンダエリトロフィラ
原産地
コンゴ、ザイール
生活型
非耐寒性常緑低木
コメント
ヒゴロモコンロンカ(緋衣崑崙花、ムッサエンダ・エリトロフィラ、学名:Mussaenda erythrophylla)は、コンゴ、ザイール原産で、アカネ科コンロンカ属の非耐寒性常緑低木です。赤い花のように見えるものは萼で、白い小さな花を咲かせます。
同属に、ウスギコンロンカ(薄黄崑崙花、学名:Mussaenda luteola)ケコンロンカ(毛崑崙花、学名:Mussaenda pubescens)ムッサエンダ・フィリピカ・ドナ・オーロラ(学名:Mussaenda philippica ’Dona Aurora')>があります。
別科別属(トウダイグサ科トウダイグサ属の低木)ですが、
ポインセチア(Poinsettia)と似ています。
一般名:ヒゴロモコンロンカ(緋衣崑崙花、ムッサエンダ・エリトロフィラ、学名:Mussaenda erythrophylla)、別名:サマーポインセチア(Summer poinsettia)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目アカネ科コンロンカ属ムッセンダ種、原産地:コンゴ、ザイール原産、樹高:1.5〜3 m、花色:白、開花期:5月〜10月、萼色:赤、葉色:緑、葉形:長楕円形/広披針形、葉質:薄い、葉序:対生、葉縁:全縁、花序形:複集散花序、花冠:車形で先端部は5裂、花冠径:1~2 cm、萼苞:卵円形/倒卵形、萼苞長:5 cm、果実型:液果、用途:鉢植え、庭木。
詳細情報
リンドウ
アカネ
コンロンカ
ムッサエンダ・エリトロフィ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
複集散花序
花弁の形
車形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室
開花時期
5月 6月 7月 8月 9月 10月
高さ
150  ~ 300  [cm]
花径
1  ~ 2