かぎけん花図鑑

アロエベラ

基本情報
花名
アロエベラ
英名
Aloe vera
学名
Aloe vera
別名
Aloe barbadensis, Aloe vera
原産地
北アフリカのカナリア諸島
生活型
半耐寒性多年草
コメント
アロエベラ(学名:Aloe vera)は、北アフリカのカナリア諸島原産で、ツルボラン科アロエ属の多肉植物です。キダチアロエ(木立盧會、木立Aloe、学名:Aloe arborescens)と違って茎は短く、葉幅が広く、葉肉が厚いです。葉が地面近くから多数重なって出る根生葉で刀型をしており葉縁に棘状の鋸歯があります。
春に、短い花茎から総状花序をトーチ状に伸ばし、黄色い筒状花を多数つけます。花が美しいので観賞用にされます。
葉はキダチアロエより大きく重く肉厚があり、食用や薬用とされます。
種小名の「Aloe」はアラビア語の「alloeh(苦みがある)」に由来します。種小名はラテン語で「vera(真実)」を意味します。
一般名:アロエベラ(Aloe vera)、学名:Aloe vera、別名:Aloe barbadensis(アロエ・バルバデンシス)、分類名(APG IV):植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ツルボラン科アロエ属アロエベラ種、原産地:北アフリカのカナリア諸島、草丈:60〜100 cm、葉長:70~80 cm、葉幅:10 cm、葉厚:3 cm、葉重量:1.5 kg、葉形:剣形、葉序:葉は重なって出る、花序形:総状花序、花序高:30~40 cm、花被数:6個が合着して円筒花に、花冠:円筒花、花長:4 cm、花径:1 cm、花色:黄、開花期:5月、用途:観賞用、庭植え、鉢植え、食用、薬用。
詳細情報
キジカクシ
ツルボラン
アロエ
アロエベラ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
剣形
葉の縁
棘状
鑑賞場所
庭 鉢花 観葉植物
開花時期
5月
高さ
60  ~ 100  [cm]
花径
1  ~ 1