ダンコウバイ

  • ダンコウバイ_img_0
    ダンコウバイ @ 京都府立植物園
  • ダンコウバイ_img_1
    ダンコウバイ @ 赤塚植物園
  • ダンコウバイ_img_2
    ダンコウバイ @ 京都府立植物園
  • ダンコウバイ_img_3
    ダンコウバイ @ 赤塚植物園

基本情報

花名
ダンコウバイ
英名
Lindera obtusiloba
学名
Lindera obtusiloba
別名
ウコンバナ, シロジシャ, Lindera obtusiloba, 鬱金花
原産地
日本、中国、朝鮮半島
生活型
落葉広葉低木

コメント

ダンコウバイとは

ダンコウバイ(檀香梅、学名:Lindera obtusiloba)は、日本、中国、朝鮮半島原産で、クスノキ科クロモジ属の落葉広葉低木です。日本では、関東以西の本州~四国、九州の山地い自生します。葉の展開前に、芳香のする黄色い花を枝に密集させて咲かせます。花はサンシュユと似ていますが、開花時期が遅いです。同属の花にアブラチャンがあります。葉は広卵形で3浅裂し、最初は緑色ですが、秋に黄葉します。枝に芳香があり、庭木や楊枝に使われます。属名の「Lindera」はスウェーデンの植物学者「J.Linder」さんへの献名、種小名の「obtusiloba」は「(鈍頭で浅く裂ける)」という意味です。

一般名:ダンコウバイ(檀香梅)、学名:Lindera obtusiloba、分類名:植物界被子植物真正双子葉類クスノキ目クスノキ科クロモジ属ダンコウバイ種、別名:ウコンバナ(鬱金花)、シロジシャ、原産地:日本、中国、朝鮮半島、環境:山地、樹高:3~5 m、樹皮色:灰褐色、葉序:互生、葉身長:10 cm、葉形:広卵形で3裂、葉縁:全縁、葉質:厚め、主脈:3本、葉色:緑→黄葉(秋)、雌雄異株、花序形:散形花序、花の出る場所:葉腋、開花期:3月~4月、【雄花序】:花被片6枚、雄蕊9個、雌蕊0、【雌花序】:5、6個の花、雄蕊は有っても花粉は出ない、【果実】果実期:9月~10月、果実型:液果、果実形:球形。果実径:0.8~0.9 cm、果実色:赤→黒熟、用途:庭木や楊枝。

詳細情報

クスノキ
クスノキ
クロモジ
ダンコウバイ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
多散花序
花弁の形
6弁花
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
切り花・生け花公園
開花時期
3月4月
高さ
300 ~ 500 [cm]
花径
0.2 ~ 0.3

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
キク_img
マンゴー_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

バラ 'プリンセス オブ ウェールズ'_img
ビヨウタコノキ_img
ツバキ シンアズマニシキ_img
トモエソウ_img
コケジャコウソウ_img
ソヨゴ_img
ホタルカズラ_img
ベニバナ_img
ニオイスミレ 'コガネ'_img
ゲラニウム・マデレンセ_img
クロチク_img
トウコマツナギ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved