アブラチャン

  • アブラチャン_img_0

    アブラチャン @ 日光植物園

  • アブラチャン_img_1

    アブラチャン @ 日光植物園

基本情報

花名
アブラチャン
英名
Lindera praecox
学名
Lindera praecox
別名
ムラダチ, 群立, 油瀝青, ジシャ, ズサ
原産地
日本
生活型
落葉低木

コメント

アブラチャン(油瀝青、学名:Lindera praecox)は、クスノキ科クロモジ属の落葉低木です。本州〜四国、九州の日本で普通に見られる樹木です。
山の半日陰の湿地を好みます。樹木は枝分かれし、株立ちます。樹皮は茶褐色で、年が経つとともに灰色になります。葉はおもてが緑で、うらが灰白色で楕円形をしており、先端が尖っています。秋に黄葉します。葉と枝の間にある葉柄は赤みを帯びています。雌雄異株で、春、葉が出る前に、集散花序に薄黄や薄緑の小花を咲かせます。黄緑色の花は雌花、薄黄色の花は雄花です。花後に油分の多い球果を付けます。樹皮にも油分が多く、種子と共に絞った油は灯油に利用したり、薪炭に利用されました。日本名は搾り取られて灯油に使った油のことを油瀝青(アブラチャン)と言ったことに拠ります。

一般名:アブラチャン(油瀝青)、学名:Lindera praecox、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱クスノキ目クスノキ科クロモジ属、別名:ムラダチ(群立)、イヌムラダチ(犬群立)、ジシャ、ズサ、ゴロハラ、生息分布:本州〜四国、九州の日本、環境:山の半日陰の湿地、樹高:3〜5 m、樹径:1 m、樹皮色:茶褐色から灰色に変色、葉長:4〜10 cm、葉幅:4 cm、葉形:卵形で尖頭、葉色:緑(表)、灰褐色(裏)、葉縁:全縁、葉序:互生、雌雄異株、花序形:集散花序、開花期:3月〜4月、花色:黄緑(雌花)・薄黄(雄花)、花柄:有、結実期:9月〜10月、果実形:球果、果実長:1.5 cm。

詳細情報

クスノキ
クスノキ
クロモジ
アブラチャン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
6弁花
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
低山
緑, 黄
開花時期
3月4月
高さ
300 ~ 500 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

アイスランドポピー_img
ホワイト・バット・フラワー_img
ノウゴウイチゴ_img
ベニバナ_img

ランダムな花

サツマイモ_img
サツキ_img
ホンダワラ_img
パッションフルーツ_img
クリ_img
ベロニカ_img
ブラジルデイゴ_img
ユキヤナギ_img
イングリッシュ・ブルーベル_img
サフラン_img
プリムラ・ジュリアン_img
ヒラタケ(平茸)_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved