ファレノプシス・アマビリア

  • ファレノプシス・アマビリア_img_0
    ファレノプシス・アマビリア @ 自宅

基本情報

花名
ファレノプシス・アマビリア
英名
Phalaenopsis petit-mini
学名
Phalaenopsis amabilis
別名
原産地
フィリピン~オーストラリア北部
生活型
非耐寒性多年草

コメント

ファレノプシス・アマビリアとは

ファレノプシス・アマビリス(学名:Phalaenopsis amabilis)は、ラン科コチョウラン属の非耐寒性多年草「ファレノプシス アフロディテ(胡蝶蘭、学名:Phalaenopsis aphrodite)」と同様胡蝶蘭の原種です。ミニ系白色花の改良に使われます。アマビリスとは「愛らしい」という意味です。インドネシアの国花です。

一般名:ファレノプシス・アマビリス、学名:Phalaenopsis amabilis、別名: Moon orchid、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科コチョウラン属、原産地:フィリピン~オーストラリア北部、草丈:15〜30 cm、花序形:円錐花序、花径:4〜5 cm、開花期:12月~5月(周年花)、花弁数:5、距:無、花色:白。

詳細情報

キジカクシ
ラン
コチョウラン
ファレノプシス・アマビリス
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
かぶと状/有距形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室鉢花
開花時期
高さ
15 ~ 30 [cm]
花径
4 ~ 5

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
レブンキンバイソウ_img
レブンシオガマ_img
ガジュマル_img

ランダムな花

ハイビスカス_img
ゴウシュウヘゴ_img
トックリヤシ_img
ツバキ ミカサノモリ_img
エンビセンノウ_img
ロウバイ_img
ツバキ ニオイベニ_img
ハツユキソウ_img
キリシマツツジ_img
ウトリクラリア ロンギフォリア_img
フシミアマナガトウガラシ_img
カラタチ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved