かぎけん花図鑑

ブッシュカン

基本情報
花名
ブッシュカン
英名
Buddha's hand
学名
Citrus medica var. sarcodactylis
別名
仏手柑
原産地
中国~インド
生活型
柑橘類、常緑広葉低木
コメント
ブッシュカン(仏手柑、学名:Citrus medica var. sarcodactylis)は、中国~インド原産で、ミカン科ミカン属の柑橘類の果実がなる常緑広葉低木です。果実は先端が指のように別れ、それが仏様が手合わせているように見えることから付けられました。果皮と葉にユズ(柚子)などの柑橘類に似たシトラスの強い芳香があります。果肉は無いので、分担と同様、皮の渋を抜いてから砂糖菓子やマーマレードにして食用とします。皮を乾燥させたものは漢方薬と成ります。縁起が良いとされ、庭に植えたり、盆栽や正月飾り、生け花、切花などに用いられます。自家結実性なので1本で果実が成ります。 花言葉は、「本当の私を見て」Yachoo、「媚びない美しさ」。
一般名:ブッシュカン(仏手柑)、学名:Citrus medica var. sarcodactylis、別名:ブシュカン、Buddha's hand、fingered itron(フィンガード・シトロン)、分類名:植物界被子植物真正双子葉植物ムクロジ目ミカン科ミカン属ブッシュカン種、原産地:中国~インド、日本の生産地:鹿児島県、和歌山県、生活型:常緑低木、樹高:1.5~2.5 m、葉序:互生、花の出る場所:葉腋又は短い総状花序~円錐花序、花色:白、花弁数:5枚、開花期:5月~6月、果肉色:黄色、果実重量:50 g、 収穫期:12月~1月、用途:盆栽、正月飾り、庭木、生け花、切花、果実は灰汁抜きをして砂糖菓子やマーマレード、漢方薬、特記:自家結実性有り。
詳細情報
ムクロジ
ミカン
ミカン
ブッシュカン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
庭 畑 盆栽
開花時期
5月 6月
高さ
150  ~ 250  [cm]
花径
 ~