スキミア・ホワイトグローブ

  • スキミア・ホワイトグローブ_img_0
    スキミア・ホワイトグローブ @ 東京都内
  • スキミア・ホワイトグローブ_img_1
    スキミア・ホワイトグローブ @ 東京都内
  • スキミア・ホワイトグローブ_img_2
    スキミア・ホワイトグローブ @ 東京都内

基本情報

花名
スキミア・ホワイトグローブ
英名
Skimmia White Globe
学名
Skimmia japonica cv. white globe
別名
Skimmia White Globe, シキミア・ホワイトグローブ
原産地
園芸品種
生活型
耐寒性常緑矮性低木

コメント

スキミア・ホワイトグローブとは

スキミア・ホワイトグローブ(Skimmia 'White Globe'、学名:Skimmia japonica cv. White Globe)は、日本原産でミカン科ミヤマシキミ属の耐寒性常緑低木「ミヤマシキミ(深山樒、億両、学名:Skimmia japonica)」をオランダで育種した園芸品種の矮性種です。ミヤマシキミが海外に出て改良されてスキミア・ホワイトグローブという園芸品種になって戻ってきたというところです。緑色の蕾は1月以降に白花となり、春まで花を楽しめます。花は4弁花で芳香があります。花後に赤い実が成ります。同属に、赤い蕾を付けるスキミア・ルベラがあります。ミヤマシキミは、シキミ(樒、学名:Illicium anisatum)という名前が付きますが、シキミとは全く別科の植物です。

一般名:スキミア・ホワイトグローブ(Skimmia 'White Globe')、学名:Skimmia japonica cv. White Globe、別名:スキミー(Skimmia)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ムクロジ目ミカン科ミヤマシキミ属、生活型:耐寒性常緑低木、樹高:30~40 cm、葉質:硬質光沢、葉形:広楕円形、葉色:緑、葉縁:全縁、葉序:互生、花序形:円錐花序、雌雄異株、蕾色:緑、花色:白、花弁数:4枚、花径:0.8~0.9 cm、開花期:3月~4月、果実色:赤、核果、種子数:1、観賞期:9月~翌年5月、用途:切り花、鉢植え、寄せ植え、注記:猛毒。

詳細情報

ムクロジ
ミカン
ミヤマシキミ
スキミア・ホワイトグローブ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
広楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
切り花・生け花園芸品種鉢花観葉植物
開花時期
3月4月
高さ
30 ~ 40 [cm]
花径
0.8 ~ 0.9

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
オウコチョウ_img
シロザ_img
キバナヨウラク_img

ランダムな花

ピンク・テコマ_img
キチジョウソウ_img
タチバナ_img
ミルトニア_img
椿 さつま_img
マツタケ_img
ムカゴトラノオ_img
ツバキ ムルイシボリ_img
アロエベラ_img
マムシグサ_img
ゼンテイカ_img
ペチュニア 'キリン ウェーブ パープル' _img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved