ハリギリ

  • ハリギリ_img_0

    ハリギリ @ 京都府立植物園

  • ハリギリ_img_1

    ハリギリ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
ハリギリ
英名
Kalopanax septemlobus
学名
Kalopanax septemlobus
別名
針桐, Kalopanax septemlobus
原産地
日本~中国
生活型
落葉広葉高木

コメント

ハリギリ(針桐)、学名:Kalopanax septemlobus)は、日本~中国原産で、ウコギ科ハリギリ属の落葉広葉高木です。樹高は日本~中国になります。樹皮は黒褐色で縦に深裂します。枝は灰褐色で棘が有ります。葉はヤツデ(八手、学名:Fatsia japonica)に似た掌状をいています。葉は枝に互生して付きます。葉縁には鋸歯があります。夏に、白~淡黄緑色の円形の小花を散形花序につけて全体で総状花序に成ります。秋に成る果実は球形の核果で熟すと赤紫色になります。樹木は公園樹に、木材は建築材や家具材に、新芽は野菜となります。

一般名:ハリギリ(針桐)、学名:Kalopanax septemlobus、分類名:植物界被子植物門双子葉植物網セリ目ウコギ科ハリギリ属ハリギリ種、別名:センノキ(栓の木)、Harigiri 、原産地:日本~中国、環境:山地、生活型:落葉高木、樹高:10~30 m、樹皮:黒褐色で縦に深裂、枝:茶褐色で棘げ有り、葉形:掌状、葉序:互生、葉縁:鋸歯、開花期:7月~8月、小花径:4~5 cm、花色:黄緑色、花序:散形花序を総状につける、果実色:赤紫色、用途:公園樹、木材、新芽は野菜。

詳細情報

セリ
ウコギ
ハリギリ
ハリギリ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
卵形/楕円形
葉のタイプ
掌形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
低山公園
緑, 白
開花時期
高さ
1000 ~ 3000 [cm]
花径
4 ~ 5

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
キジカクシ_img
テマリソウ_img
ラナンキュラス_img

ランダムな花

ヤブレガサ_img
ディエテス・ビコロル_img
額紫陽花 ブルースカイ_img
イブキシモツケ_img
ルリタマアザミ_img
ツバキ アオイノウエ_img
ウワバミソウ_img
オシロイバナ_img
カラシナ_img
ツユクサ_img
ツバキ ハクロニシキ_img
チョウセンツバキ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved