サンゴバナ

  • サンゴバナ_img_0
    サンゴバナ @ ワイメア・オージュボンセンター(オアフ島)
  • サンゴバナ_img_1
    サンゴバナ @ 箱根富士屋ホテル
  • サンゴバナ_img_2
    サンゴバナ @ 箱根富士屋ホテル

基本情報

花名
サンゴバナ
英名
Justicia carnea
学名
Justicia carnea
別名
Justicia carnea, 珊瑚花, ジャスティシア・カルネア, Flamingo plant, White form, Plume plant
原産地
ブラジル
生活型
常緑小低木

コメント

サンゴバナとは

サンゴバナ(珊瑚花、学名:Justicia carnea)は、ブラジル東部の大西洋岸森林地帯原産で、キツネノマゴ科キツネノマゴ属の常緑小低木です。樹高は1、2 m程です。葉は緑色で長楕円形をしています。花茎を出し、初夏~秋に、花茎頂部から伸びた円錐花序に溢れるように花を咲かせます。花色には、桃色や赤、橙、白があります。羽毛のように花が柔らかく盛り上がって咲くことから、別名で'Plume plant'(プルームプランツ)、花色から白花品種は’ホワイトフォーム’(White form)、 桃色花品種は’フラミンゴプランツ’(Flamingo plant)とも呼ばれます。

一般名:サンゴバナ(珊瑚花)、学名:Justicia carnea、別名:ジャスティシア・カルネア(Justicia carnea)、フラミンゴプランツ(Flamingo plant)、Plume plant(プルームプランツ)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱シソ目キツネノマゴ科キツネノマゴ属(ジャスティシア属)、原産地:ブラジル 、生活型:常緑小低木、樹高:100~200 cm、葉色:緑、葉形:長楕円形、花冠長:5 cm、花序形:円錐花序、花色:白・桃・赤、開花期:通常、5月~9月(20度~25度の気温であれば周年)。

詳細情報

シソ
キツネノマゴ
キツネノマゴ
サンゴバナ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
鉢花
赤, ピンク, 橙, 白
開花時期
5月6月7月8月9月
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
5 ~ 5

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
マンゴー_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

ロシアンセージ_img
ベニバナインゲン_img
レリオカトレア リグレイ ‘ブルーヘブン’_img
シロバナシナガワハギ_img
Blc. ブリリアントギフト‘ブルーメンインセル’_img
オウゴンオニユリ_img
カラシナ_img
バラ 'セイリュウ'_img
ハンショウヅル_img
ナデシコ_img
ピンクジンジャー_img
ツバキ シュンショコウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved