カラジウム

  • カラジウム_img_0
    カラジウム @ 京都府立植物園
  • カラジウム_img_1
    カラジウム @ 京都府立植物園
  • カラジウム_img_2
    カラジウム @ 浜名湖花博2004
  • カラジウム_img_3
    カンディドゥム
    カラジウム @ 浜名湖花博2004

基本情報

花名
カラジウム
英名
Caladium
学名
Caladium x hortulanam
別名
Caladium, ハイモ, 葉芋, ニシキイモ, 錦芋, カラディウム, カラジューム
原産地
熱帯アメリカ
生活型
観葉植物、カラーリーフ、球根

コメント

カラジウムとは

カラジウム(Caladium、学名:Caladium x hortulanam)は、アマゾン流域の熱帯アメリカ原産で、サトイモ科カラジウム属の球根植物です。園芸品種が多数育種されています。サトイモに似た葉は大きな盾型をした根生葉で、薄く、色柄が変化に富んで美しいです。緑色地の葉に、ピンクや、赤、黄色、白等のカラフルな斑や模様が入ります。花は仏炎苞に包まれた肉垂花序で地味です。4月~8月に夏の観賞植物として出回ります。代表品種は、白地に鮮緑の葉脈が入るキャンデダム(C. × hortulanum ‘Candidum’、和名:シラサギ)と言う品種です。残念なことに、全草有毒で、口に入れると口内炎になるなどで、食べられません。

一般名:カラジウム(Caladium)、学名:Caladium x hortulanam(カラジウム・ホルツラヌム)、別名:、ハイモ(葉芋)、ニシキイモ(錦芋)、ニシキハイモ(錦葉芋) 、カラジューム、カラジュウム、カラディウム、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱サトイモ目サトイモ科カラジウム属(ハイモ属)、原産地:熱帯アメリカ(園芸品種)、草丈:10~30 cm、出回り期:4~8月、葉色:緑や白等、繁殖:球根。

詳細情報

オモダカ
サトイモ
カラジウム
カラジウム
花のタイプ
放射相称花
花の配列
肉穂花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
心臓形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
鉢花
クリーム, 白
開花時期
4月5月6月7月8月
高さ
10 ~ 30 [cm]
花径
5 ~ 10

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
ディエテス・ビコロル_img
オウコチョウ_img
タンゲマル_img

ランダムな花

キバナノカワラマツバ_img
エモリ_img
キバナキョウチクトウ_img
カンザキオオシマ_img
イワカガミ_img
メタカラコウ_img
チャメドレア・セイフリジー_img
ユリ_img
クサレダマ_img
シナノコザクラ _img
スキミア・ルベラ_img
トチノキ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved