ビロードモウズイカ

  • ビロードモウズイカ_img_0
    ビロードモウズイカ @ 木場公園
  • ビロードモウズイカ_img_1
    ビロードモウズイカ @ 木場公園

基本情報

花名
ビロードモウズイカ
英名
Verbascum thapsus
学名
Verbascum thapsus
別名
天鵞絨毛蕊花, マレイン, mullein, ホザキモウズイカ, 穂咲毛蕊花, Verbascum thapsus
原産地
ヨーロッパの地中海沿岸
生活型
二年草

コメント

ビロードモウズイカとは

ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花、、学名:Verbascum thapsus)は、ヨーロッパの地中海沿岸で、ゴマノハグサ科モウズイカ属の二年草です。 翌年の夏に、ロゼット状の基部から、長い茎を出し先端から総状花序を伸ばして多数の黄色い小花を咲かせます。葉は、ビロード状の綿毛で覆われ、柔らかくて、大きく葉長は30 cmになります。葉は上葉と下葉で大きさが極端に異なります。葉に綿毛があるため葉色が灰緑色に見えます。花は優しい薄黄色で、花弁を閉じた状態で咲きます。 観賞用とされる他、花茎はドライフラワーや薬効のあるハーブに、漢方では鎮静・鎮痛・去痰剤、腎臓病・高血圧等の治療薬として用いられます。別名でマレイン(mullein)と呼ばれます。マインとはラテン語で柔らかいという意味です。似た花に、アレチモウズイカ(荒地モウズイカ)があります。

一般名:ビロードモウズイカ(天鵞絨毛蕊花)、学名:Verbascum thapsus L.(ヴェルバスクム・タンプサス) 、別名:ホザキモウズイカ (穂咲毛蕊花)、マレイン(mullein)、グレート・マレイン(great mullein)、バーバスカム・タンプサス(Verbascum thapsus)、アダムズ・フランネル(Adam's flannel)、ニワタバコ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目ゴマノハグサ科モウズイカ属、原産地:ヨーロッパの地中海沿岸、日本各地、環境:野原や道端で野生化 、草丈:100~200 cm、全草:灰白色の毛が密生、根生葉長:30 cm、茎上の葉:無柄、翼あり、葉色:灰緑色、花序形:総状花序、花序高:50 cm、花柄:短い、花色:黄、花径:2 cm、開花期:6月~8月、果実形:球形、果実状態:毛に覆われ萼に包まれる。

詳細情報

シソ
ゴマノハグサ
モウズイカ
ビロードモウズイカ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
心臓形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道植物園
開花時期
6月7月8月
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
2 ~ 2

アクセスランキング(日別)

ネジバナ_img
オウコチョウ_img
アフリカハマユウ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

オトギリソウ_img
サイハイラン_img
ワレモコウ_img
プチロータス・ジョーイ_img
トゲバンレイシ_img
オオケタデ_img
ヒギリ_img
ハゴロモジャスミン_img
ジュズダマ_img
コムギセンノウ_img
チンゲンサイ_img
セイヨウヒイラギ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved