タカネシュロソウ

  • タカネシュロソウ_img_0
    タカネシュロソウ @ 立山室堂
  • タカネシュロソウ_img_1
    タカネシュロソウ @ 立山室堂

基本情報

花名
タカネシュロソウ
英名
atropurpureum
学名
Veratrum maackii var. japonicum form. atropurpureum
別名
原産地
日本固有種
生活型
高山性多年草

コメント

タカネシュロソウとは

タカネシュロソウ(高嶺棕櫚草、学名:Veratrum maackii var. japonicum form. atropurpureum)は日本固有種で、シュロソウ科シュロソウ属の高山性多年草です。本州の中部以北の高山の草地に自生します。根茎に有毒のアルカロイドを含みます。
シュロソウ(棕櫚草、学名:Veratrum maackii var. japonicum )の高山性変種です。
シュロソウとは茎の基部に棕櫚の繊維に似た古い葉鞘が残ることに拠ります。
葉は線状披針形をしています。
葉幅は高嶺棕櫚草(V. m. v. j. f. atropurpureum)が1~2 cmと狭く、シュロソウの葉幅は3 cm以上になります。
花色は高嶺棕櫚草(V. m. v. j. f. atropurpureum)は紫褐色ですが、棕櫚草(V. m. v. j.)は暗紫褐食です。

一般名:タカネシュロソウ(高嶺棕櫚草)、学名:Veratrum maackii var. japonicum form. atropurpureum、
又名:ムラサキタカネアオヤギソウ(紫高嶺青柳草)、
分類名:植物界被子植物単子葉植物ユリ目メランチウム科シュロソウ属
株高:20~40 cm、葉形:線状披針形、葉幅:1~2 cm、葉長:6~15 ㎝、
花序形:円錐花序、花色:紫褐色、花径:1~1.2 cm、開花期:7月~8月、
雄蕊数:6、花柱数:3、果実型:蒴果。

詳細情報

ユリ
メランチウム
シュロソウ
タカネシュロソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
菱形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
高山
赤, 橙
開花時期
7月8月
高さ
20 ~ 40 [cm]
花径
1 ~ 1.2

アクセスランキング(日別)

カサブランカ_img
ネジバナ_img
オウコチョウ_img
アフリカハマユウ_img

ランダムな花

リモニウム・ブルーファンタジー_img
アマギヨシノ_img
イエロー・アコナイト_img
ケコンロンカ_img
モミジバフウ_img
ハクサイ_img
オオバナカリッサ_img
パフィオペディルム・サクハクリ_img
ホワイト・バット・フラワー_img
ケショウボク_img
マカデミア_img
アメリカイヌホオズキ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved