カキツバタ

Iris lavigata

  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • カキツバタ
  • 花名
    カキツバタ
  • 学名
    Iris lavigata
  • 別名杜若, Kakitsubata, Iris lavigata, Japanese iris
  • 原産地日本、朝鮮半島、東シベリア、中国
  • 開花場所田んぼ
  • 開花期5月, 6月
  • 花言葉幸運、雄弁

カキツバタとは

カキツバタ(杜若、学名:Iris lavigata)は、日本~東シベリア原産で、アヤメ科アヤメ属の耐寒性宿根草(多年草)です。万葉集の時代から謳われた古典園芸植物で、古くから栽培・育種されています。梅雨が始まる少し前に、岸辺で花茎を伸ばし、青紫(稀に、白)の花を咲かせます。属名の「Iris」はギリシャ語の「(虹)」、種小名の「 lavigata」は「(無毛の)」と言う意味です。花言葉は、「幸運、雄弁」。似たような花にアヤメ(文目)があります。

アヤメと杜若の違い
咲いている場所―アヤメは乾燥した庭や畑、カキツバタは水の有る岸辺の浅瀬に咲く。
外花被片(萼)の中央にある模様―アヤメは綾目模様、カキツバタは白腺がある。
葉―アヤメの葉は細長く硬い、杜若の葉は幅広で柔らかい。

一般名:カキツバタ(杜若)、学名:Iris lavigata、又名:Kakitsubata、Japanese iris、Iris lavigata、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱キジカクシ目アヤメ科アヤメ属カキツバキ種、原産地:日本、朝鮮半島、東シベリア、生活型:耐寒性宿根草(多年草)、草丈:50~70 cm、葉形:剣状、花長:9~10 cm 花色:靑紫・白、開花期:5月~6月、用途:観賞用。


  • キジカクシ
  • アヤメ
  • アヤメ
  • カキツバタ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    あやめ形
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型水性多年草
  • 花の色青 紫
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 70.0 cm
  • 花径9.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花