アヤメ

Iris sanguinea

  • アヤメ
  • アヤメ
  • アヤメ
  • アヤメ
  • アヤメ
  • アヤメ
  • 花名
    アヤメ
  • 学名
    Iris sanguinea
  • 別名文目, 綾目, Iris sanguinea
  • 原産地日本、朝鮮半島、台湾、中国
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期5月, 6月, 7月
  • 花言葉よい便り、メッセージ、希望

アヤメとは

アヤメ(文目、綾目、学名:Iris sanguinea)は、日本、朝鮮半島、台湾、中国原産で、アヤメ科アヤメ属の多年草です。日本の北海道~九州の草地に自生します。ハナショウブ(花菖蒲、I. ensata var. ensata)やカキツバタ(杜若、学名:Iris laevigata、燕子花)が水辺に咲くのに対し、アヤメは乾燥した場所で咲きます。
春~夏に、花茎を直立させ、分枝はせず、茎頂に1~3個の青紫色の一日花を付けます。花弁が6枚あるように見えますがその内3枚は外花被片(萼)です。外花被片は青紫地で基部に黄色と白の網目模様が入るのが特徴です。内花被片(花)は短く上に立ち上がります。葉は別科別属ですが、ショウブ(菖蒲、Acorus calamus)と似た剣状をしています。
サキガケアヤメは通常のアヤメより草丈が高く、開花期も早いです。

一般名:アヤメ(文目、綾目)、学名:Iris sanguinea、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目アヤメ科アヤメ属アヤメ種、原産地:日本、中国、草丈:30〜90 cm、葉長:20〜60 cm、葉幅:0.5〜1 cm、葉の主脈:不明瞭、花色:青紫、開花期:5月~7月、花径:6~8 cm、外花被片長:5 cm、外花被被片幅:1 cm、外花被片色:青紫地に黄・白の網目模様。


  • キジカクシ
  • アヤメ
  • アヤメ
  • アヤメ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    あやめ形
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ60.0 ~ 80.0 cm
  • 花径7.0 ~ 8.0 cm

ランダムな花