変化朝顔 ’黄縮緬葉銀鼠筒白総鳥甲吹上台咲牡丹’

牡丹出物

  • 変化朝顔 ’黄縮緬葉銀鼠筒白総鳥甲吹上台咲牡丹’_img_0
    変化朝顔 ’黄縮緬葉銀鼠筒白総鳥甲吹上台咲牡丹’ @ 国立歴史民俗博物館 'くらしの植物苑'
  • 変化朝顔 ’黄縮緬葉銀鼠筒白総鳥甲吹上台咲牡丹’_img_1
    変化朝顔 ’黄縮緬葉銀鼠筒白総鳥甲吹上台咲牡丹’ @ 国立歴史民俗博物館 'くらしの植物苑'
  • 変化朝顔 ’黄縮緬葉銀鼠筒白総鳥甲吹上台咲牡丹’_img_2
    変化朝顔 ’黄縮緬葉銀鼠筒白総鳥甲吹上台咲牡丹’ @ 国立歴史民俗博物館 'くらしの植物苑'
  • 変化朝顔 ’黄縮緬葉銀鼠筒白総鳥甲吹上台咲牡丹’_img_3
    変化朝顔 ’黄縮緬葉銀鼠筒白総鳥甲吹上台咲牡丹’ @ 国立歴史民俗博物館 'くらしの植物苑'

基本情報

花名
変化朝顔 ’黄縮緬葉銀鼠筒白総鳥甲吹上台咲牡丹’
英名
Henka asagao 'Kichirimenhaginnezutsutsushirosoutorikabutofukiagedaizakibotan’
学名
Ipomoea nil 'henka asagao 'kichirimenhaginnezutsutsushirosoutorikabutofukiagedaizakibotan')
別名
原産地
日本の園芸品種
生活型
蔓性一年草

コメント

変化朝顔 ’黄縮緬葉銀鼠筒白総鳥甲吹上台咲牡丹’とは

変化朝顔 ’黄縮緬葉銀鼠筒白総鳥甲吹上台咲牡丹’(ヘンカアサガオ ’キチリメンハギンネズツツシロソウトリカブトフキアゲダイザキボタン 'Henka asagao 'Kichirimenhaginnezutsutsushirosoutorikabutofukiagedaizakibotan’、学名:Ipomoea nil 'Henka asagao 'Kichirimenhaginnezutsutsushirosoutorikabutofukiagedaizakibotan')は、アサガオ(朝顔、学名:Ipomoea nil)の園芸品種「変わり咲き朝顔(変化朝顔)」の牡丹出物の一品種です。夏~秋に、ラッパ型で紫色の花を咲かせます。
葉は黄緑色で縮緬状の凸凹があります。花弁は銀鼠色で筒部は白い。花の下部に台があり花弁はすべてトリカブトのように吹き上げて牡丹のように咲きます。

一般名:変化朝顔 ’黄縮緬葉銀鼠筒白総鳥甲吹上台咲牡丹’(ヘンカアサガオ ’キチリメンハギンネズツツシロソウトリカブトフキアゲダイザキボタン 'Henka asagao 'Kichirimenhaginnezutsutsushirosoutorikabutofukiagedaizakibotan’)、学名:Ipomoea nil 'Henka asagao 'Kichirimenhaginnezutsutsushirosoutorikabutofukiagedaizakibotan')、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナス目ヒルガオ科サツマイモ属アサガオ種、原産地:日本の園芸品種、朝顔の原産地は熱帯アジア、生活型:蔓性一年草、茎長(蔓長):100~300 cm、葉形:紅葉、葉縁:全縁、葉序:互生、花序:岐散状=二出集散花序(dichasium)、花冠形:トランペット型、花径:5~20 cm、雌蕊数:3、雄蕊数:5、花色:紫色、開花期:7月~9月、果実型:朔果、種子色:黒。

詳細情報

ナス
ヒルガオ
サツマイモ
アサガオ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
2出集散花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
矛形
葉の縁
鑑賞場所
園芸品種鉢花
開花時期
7月8月9月
高さ
100 ~ 300 [cm]
花径
5 ~ 20

アクセスランキング(日別)

カサブランカ_img
ネジバナ_img
オウコチョウ_img
アフリカハマユウ_img

ランダムな花

ヒメエニシダ_img
サンケジア・スペキオサ_img
ポプラ_img
ムラサキシキブ_img
テッポウユリ_img
ビロードサンシチ_img
オールスパイス_img
カタバミ_img
クサノオウ_img
ナツエビネ_img
ツバキ カンカシボリ_img
キツネノボタン_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved