アボカド

  • アボカド_img_0
    アボカド @ 青島亜熱帯植物園
  • アボカド_img_1
    アボカド @ 青島亜熱帯植物園
  • アボカド_img_2
    アボカド @ 新宿御苑温室

基本情報

花名
アボカド
英名
Avocado
学名
Persea americana
別名
Alligator pear, Alligator pear, ワニナシ
原産地
メキシコ~ホンジュラスの中米
生活型
熱帯性常緑高木

コメント

アボカド((Avocado、学名:Persea americana Mill.)は中米の熱帯地域原産でクスノキ科の熱帯性常緑高木です。樹高は25mほどにもなります。緑色をした葉は大きな卵形をしており互生してつきます。枝から伸びた花序は円錐形をしており、沢山の薄黄緑色をした小花をつけます。花の花被片は6枚です。枝に沢山ぶら下った深緑色の果実は生食できます。果皮ははじめは深緑色をしていますが、熟すと黒っぽくなり食べごろです。果実の外皮は薄いので手で剥けます。すると中央に大きな固い球状の種子が1個ありますので、それを包丁で取り除き残った薄黄色の果肉部を生食します。マグロのトロのような粘っとり感がありますので醤油とマッチし寿司のカルフォルニア巻の素材に使われます。英名の由来は、Alligator pear(アリゲーターペア)という鰐の生息地に生えていることに因ります。日本名の別名のワニナシ(鰐梨)は英名を訳したものです。尚、鳥や小動物、家畜が食べると食中毒を起こす恐れがあるとされます。

一般名:アボカド(Avocado)
学名:Persea americana Mill.
別名:ワニナシ(鰐梨)、Alligator pear(アリゲーターペア)、バター・フルーツ、Agucate
分類名:植物界被子植物真正双子葉類クスノキ目クスノキ科アボカド
原産地:メキシコ~ホンジュラスの中米 生息分布:(亜)熱帯
樹高:20~25m、雌雄同株、葉形:卵形、葉色:緑、葉の付き方:互生、花序形:円錐花序、小花色:薄黄緑色、花被片:6枚、 開花期:5月、 
結実期:11月~12月、果実色-深緑(外皮)、薄黄(果肉)、果実:可食、種子:有毒、用途:果実を生食、カルフォルニア巻き(寿司種)、サラダ

詳細情報

クスノキ
クスノキ
アボカド
アボカド
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
6弁花
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
果樹園植物園(亜)熱帯地域
開花時期
5月
高さ
2000 ~ 2500 [cm]
花径
0.3 ~

アクセスランキング(日別)

キダチアロエ_img
クレロデンドラム・パニキュラツム・アルバ_img
クワイ_img
アカシデ_img

ランダムな花

ヤマホタルブクロ_img
リュウキュウ_img
コシノカンアオイ_img
ルリハナガサ_img
ハマベブドウ_img
カンツバキ_img
イネ_img
ウラシマソウ_img
アスパラガス シュプレンゲリ_img
シライトソウ_img
キンシバイ_img
カレープラント_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved