イタドリ

  • イタドリ_img_0
    イタドリ @ 飛騨高山
  • イタドリ_img_1
    イタドリ @ 飛騨高山
  • イタドリ_img_2
    イタドリ @ かぎけん
  • イタドリ_img_3
    イタドリ @ かぎけん
  • イタドリ_img_4
    イタドリ @ 湯布院

基本情報

花名
イタドリ
英名
Japanese knotweed
学名
Fallopia japonica
別名
スカンポ, 虎杖, Japanese knotweed
原産地
東アジア
生活型
多年草

コメント

イタドリとは

イタドリ(虎杖、学名:Fallopia japonica)は東アジア原産で、タデ科ソバカズラ属の多年草です。日本では北海道~九州の山野に自生します。地下茎の成長が早く、丈夫です。自然災害があった場所に逸早く根付く先駆植物として知られます。茎は中空です。葉は三角形で、互生してつき、葉縁は波状です。夏から秋に、山野で地味な白花を咲かせます。花後に白い実が成ります。秋に、翼のある種子が出来て、風で飛散し繁殖する風媒花です。和名の由来は、葉を揉んだ液を傷口につけると痛みが取れることに拠ります。中空の太い茎と若芽は春の山菜となります。酸味が強く酸っぱいので灰汁抜きしてから調理します。

一般名:イタドリ(虎杖)、学名:Fallopia japonica、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目タデ科ソバカズラ属イタドリ種、別名:Japanese knotweed、スカンポ、原産地:東アジア、分布:北海道~九州、環境:山野、草丈:150〜200 cm、葉身:5~15 cm、葉形:三角形、葉序:互生、葉縁:波形、
雌雄異株、花序形:複総状花序、花弁:無し、花被片:白~紅色で5裂、花被径:1 cm、開花期:7月~10月、果実型:痩果、果実形:倒卵形、果実長:0.5~1 cm、種子:へら状。

詳細情報

ナデシコ
タデ
ソバカズラ
イタドリ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
三角形
葉の縁
波状
鑑賞場所
野原・畦道
赤, ピンク, 白
開花時期
7月8月9月10月
高さ
150 ~ 200 [cm]
花径
1 ~ 1.5

アクセスランキング(日別)

シャコバサボテン_img
ホウキギ_img
フシグロセンノウ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

サッカーマム_img
アルパイン スカビオサ_img
タツナミソウ_img
ホワイトパウダーパフ_img
ナメコ_img
アローカリア チリマツ_img
ベニバナトキワマンサク_img
クレマチス ‘コンフェッティ’_img
オオバキスミレ_img
ケマンソウ_img
アメリカザイフリボク_img
エンビセンノウ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved