ケシロヨメナ

  • ケシロヨメナ_img_0
    ケシロヨメナ @ 城ヶ崎海岸
  • ケシロヨメナ_img_1
    ケシロヨメナ @ 城ヶ崎海岸

基本情報

花名
ケシロヨメナ
英名
Keshiro-yomena
学名
Aster ageratoides var. intermedius
別名
毛白嫁菜
原産地
日本固有変種
生活型
多年草

コメント

ケシロヨメナ(毛白嫁菜、学名:Aster ageratoides var. intermedius)は、日本固有変種で、キク科シオン属の多年性野草「シロヨメナ(白嫁菜)」の変種です。秋に、散房花序を伸ばし白花を咲かせます。花の中央部は黄色い筒状花で、周囲を白い舌状花が単重に並びます。白嫁菜とイナカギクの中間的な性質を持ち、葉裏に短毛が多い。特に、毛白嫁菜は白嫁菜と似ています。白嫁菜と毛白嫁菜を比べると、毛白嫁菜は舌状花が細長く、鋸歯はなだらかで、葉茎に毛が多く、葉は茎を抱きません。

一般名:ケシロヨメナ(毛白嫁菜)、学名:Aster ageratoides var. intermedius(Aster leiophyllus var. intermidius)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科シオン属、分布:本州東海地方以西〜四国、九州、環境:沿岸地の草地、林縁、草丈:60〜100cm、葉形:披針形、葉縁:全縁、葉質:多毛、花序:散房花序、開花期:8月〜11月、花色:白、花径:1.5~2cm。

詳細情報

キク
キク
シオン
ケシロヨメナ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
8月9月10月11月
高さ
60 ~ 100 [cm]
花径
1.5 ~ 2

アクセスランキング(日別)

キジカクシ_img
キンミズヒキ_img
キンモクセイ_img
テマリソウ_img

ランダムな花

ムラサキオモト_img
モミジバフウ_img
レブンアツモリソウ_img
タビビトノキ_img
モミジカラマツ_img
タスマニアビオラ_img
パフィオペディルム・サクハクリ_img
トリメジア・ステーヤーマーキー_img
スカシユリ_img
フランスギク_img
シナノコザクラ _img
球根ベゴニア ボリビエンシス_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved