リョウザンカンアオイ

Asarum nipponicum 'ryozan kan-aoi'

  • リョウザンカンアオイ
  • リョウザンカンアオイ
  • 花名
    リョウザンカンアオイ
  • 学名
    Asarum nipponicum 'ryozan kan-aoi'
  • 別名
  • 原産地日本、東アジア
  • 開花場所
  • 開花期1月, 2月, 10月, 11月, 12月

リョウザンカンアオイとは

リョウザンカンアオイ(学名:Asarum nipponicum 'Ryozan Kan-aoi')は、ウマノスズクサ科カンアオイ属の常緑多年草「カンアオイ(学名:Asarum nipponicum)」の異品種で、日本と東アジア原産です。樹下の暗い場所で成長し、驚くほど成長が遅いです。東アジアには約100種が存在し、その半数は日本にあります。単頂花序に、筒形ので茶色い花を咲かせます。

一般名:リョウザンカンアオイ、学名:Asarum nipponicum 'Ryozan Kanaoi'、産地:日本と東アジア、環境:山地、草丈:5〜20センチメートル、茎:短い、軸色:濃紫または緑、性質:這性、葉序:互生、葉形:ハート形、葉長:7〜10 cm、放射相称花、花径:5 cm、花弁:無し。花のように見えるのは3枚の萼片、花色(萼片色):錆色(暗紫色)、黄緑色と紫色、開花期:10月〜12月、2月〜2月、花径(顎径):1〜2 cm、顎長:1〜2 cm:雄蕊数:12、雌蕊数:6、繁殖:種子、収穫期:初夏、香り:葉の茎、岐阜蝶食品工場。


  • コショウ
  • ウマノスズクサ
  • カンアオイ
  • リョウザンカンアオイ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ5.0 ~ 20.0 cm
  • 花径1.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花