カンアオイ

  • カンアオイ_img_0
    カンアオイ(寒葵)
    カンアオイ @ 京都府立植物園
  • カンアオイ_img_1
    カンアオイ @ 京都府立植物園
  • カンアオイ_img_2
    カンアオイ @ 赤塚植物園

基本情報

花名
カンアオイ
英名
Asarum nipponicum
学名
Asarum
別名
wild ginger, Kan-aoi, 寒葵
原産地
日本、東アジア
生活型
常緑多年草

コメント

カンアオイとは

カンアオイ(寒葵、学名:Asarum spp.)は日本、東アジア原産で、ウマノスズクサ科カンアオイ属カンアオイ種の多年草です。寒葵は東アジアには100種程、日本にその半数があると言われます。花名は冬でも枯れないことや、葉が葵に似ていることに拠ります。
樹木下の暗い場所に自生し成長は驚くほど遅いです。株高が低く、地面に張り付いて開花します。

日本で寒葵と言えば、カントウカンアオイ(関東寒葵、Asarum nipponicum)のことで、東関東に自生する日本固有種です。

カンアオイの一品種であるフタバアオイ(双葉寒葵)は、徳川家の「三葉葵」のデザインとされました。茎の葉腋から葉柄がある濃柴色や濃緑色、基部が心形で先端が尖った心臓形~卵形の葉を出します。葉腋から、焦げ茶色の柿のヘタのようなものを1〜数個出します。これは花のように見える萼筒で、3枚の萼片が合着して鐘形をしています。萼筒色には、錆色や緑色、薄黄色があります。萼筒の奥に12本の雄蕊と6本の雌蕊が集合していますが、外からは見えません。

一般名:アオイ(寒葵)、学名:Asarum spp.、【カントウカンアオイ(関東寒葵)、学名:Asarum nipponicum】、分類名:植物界被子植物単子葉類コショウ目ウマノスズクサ科カンアオイ属カンアオイ種 、別名:wild ginger , Asarum(アサルム )、原産地:日本、東アジア、環境:山地の樹下の薄暗い場所 、生活型:多年草、草丈:5〜20cm、茎:短い、軸色:暗紫色・緑色、性質:地面を匍匐、葉序:互生、葉形:先端が尖った卵形で基部はハート、葉色:濃緑色地に白斑紋が入る、葉数:茎に数枚、葉柄:有り、葉長:7〜10cm、葉幅:5cm、放射対称花、花:花は退化して無し。花のように見えるのは3枚の萼が合弁した萼片、花色(萼筒色):錆び色(暗紫色)・黄緑、紫、萼片数:3枚。3枚の萼片が癒着した萼筒を成す、花形(萼筒形):鐘型や壺型で、先端が3裂し平開。種により異なる。開花期:10月〜12月、2月~5月、顎筒径:1~2cm、顎筒長:1~2cm、雄蕊数:12本、雌蕊数:6本、繁殖:種子、結実期:初夏、芳香:葉茎に有り、岐阜蝶の食草。

●カンアオイの種類
カントウカンアオイ(関東寒葵、Asarum nipponicum、アサルム):東日本に咲くアオイ。

オナガカンアオイ(尾長寒葵、Asarum minamitanianum):葉や花が大きく、萼筒の先端が長い紐状になる。

タイリンアオイ(Asarum asaroid):葉や花が大きく、萼筒にくびれがある。

ウスバサイシン(Asiasarum sieboldii):落葉性、心形の葉と小さな萼筒。

・フタバアオイ(Asarum asaroid):落葉性、徳川家の紋所「三葉葵」のデザイン、春に小さな花が咲く。

詳細情報

コショウ
ウマノスズクサ
カンアオイ
カンアオイ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
心臓形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
園芸品種低山
茶, 緑
開花時期
2月3月4月5月10月11月12月
高さ
5 ~ 20 [cm]
花径
1 ~ 2

アクセスランキング(日別)

キク_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

マツバボタン_img
ハナニガナ_img
パンジー_img
ヒポキシス・コルチシフォリア_img
コウサイタイ_img
コンギク_img
ハマボッス_img
ダケカンバ_img
アリウム・ギガンテウム_img
ドラセナ・スルクロサ_img
エドヒガン_img
ミナトタムラソウ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved