オナガカンアオイ

Asarum minamitanianum

  • オナガカンアオイ
  • オナガカンアオイ
  • オナガカンアオイ
  • オナガカンアオイ
  • オナガカンアオイ
  • オナガカンアオイ
  • オナガカンアオイ
  • オナガカンアオイ
  • オナガカンアオイ
  • オナガカンアオイ
  • 花名
    オナガカンアオイ
  • 学名
    Asarum minamitanianum
  • 別名尾長寒葵
  • 原産地宮崎県(日本) 
  • 開花場所植物園, 低山
  • 開花期4月

オナガカンアオイとは

オナガカンアオイ(尾長寒葵、学名:Asarum minamitanianum)は、多年草「カンアオイ」の一種で宮崎県の固有種です。照葉樹林内の岩礫に自生します。3つの萼裂片の先端が長く伸び、萼筒内の隆起線が隔壁状になります。

一般名:オナガカンアオイ(尾長寒葵)、学名:Asarum minamitanianum、分類名:植物界被子植物単子葉類コショウ目ウマノスズクサ科カンアオイ属オナガカンアオイ種、原産地:宮崎県、生息分布:照葉樹林内、環境:岩礫、生活型:常緑多年草、草丈:5〜20 cm、茎:短い軸色:暗紫色、性質:地面を匍匐、葉序:互生、葉形:先端が尖った卵形で基部はハート、葉色:濃緑色、葉数:茎に数枚、葉柄:有り、葉長:7〜10 cm、葉幅:5~9 cm、放射対称花、花弁:退化して無し。花のように見えるのは3枚の萼が合弁した萼片、花色(実際には、萼色):暗紫色、花形(萼筒形):鐘型で先端が3裂し平開、萼片数:3枚。3枚の萼片が癒着した萼筒を成す。萼裂片の先端が長く伸びる(15 cm伸びるものもある)、開花期:4月、顎筒径:1.5 cm、顎筒長:1.5 cm、雄蕊数:12本、雌蕊数:6本。


  • コショウ
  • ウマノスズクサ
  • カンアオイ
  • オナガカンアオイ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色紫 黒 緑
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ5.0 ~ 20.0 cm
  • 花径1.5 ~ 2.0 cm

ランダムな花