チチブザクラ

Cerasus ×chichibuensis

  • チチブザクラ
  • チチブザクラ
  • チチブザクラ
  • チチブザクラ
  • チチブザクラ
  • チチブザクラ
  • 花名
    チチブザクラ
  • 学名
    Cerasus ×chichibuensis
  • 別名Chichibu zakura, 秩父桜
  • 原産地日本
  • 開花場所庭, 植物園, 公園, 盆栽, 鉢花
  • 開花期3月, 4月

チチブザクラとは

チチブザクラ(秩父桜、学名:Cerasus ×chichibuensis)とは、日本原産で、サクラ(桜)の野生種の一つです。エドヒガン(江戸彼岸、学名:Cerasus itosakura )とチョウジザクラ(丁子桜、学名:Cerasus apetala)の自然雑種と推定されています。埼玉県秩父市周辺の山地や日光市などに自生します。春、白又は淡紅色の一重咲きの五弁花を咲かせます。萼筒が長く壷形をしています。学名や花名は地名の秩父に拠ります。
ちなみに、サクラ(桜)とはバラ目バラ科サクラ属の落葉広葉低中木です。

一般名:チチブザクラ(秩父桜) 、学名:Cerasus ×chichibuensis、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目バラ科サクラ属 、原産地:日本 、生息地:東北南部から関東、中部、環境:林縁、生活型:落葉小高木、樹高:3~8m、単葉、葉序:互生、葉身長:5-13cm、葉幅:2-5cm、葉形:倒卵形~倒披針形、葉縁:重鋸歯、花序形:散形花序、花径:1cm、花色:白、花の咲き方:一重咲き、花弁数:5枚、開花期:4月


  • バラ
  • バラ
  • サクラ
  • チチブザクラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    重鋸歯状
  • 生活型落葉広葉小高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 800.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花