イヌヤマモモソウ

  • イヌヤマモモソウ_img_0

    イヌヤマモモソウ @ 木場公園

  • イヌヤマモモソウ_img_1

    イヌヤマモモソウ @ 木場公園

基本情報

花名
イヌヤマモモソウ
英名
Gaura parviflora
学名
Gaura parviflora
別名
犬山桃草, コバナヤマモモソウ
原産地
北米
生活型
多年生草本

コメント

イヌヤマモモソウ(犬山桃草、学名:Gaura parviflora Dougl)は北米原産でフトモモ属アカバナ科の多年生草本です。北米からの帰化植物でガウラの一種です。夏、花茎先端から複穂状花序を出し白~淡紅色の小さな4弁花を咲かせます。萼片はすぐ脱落します。ガウラのことを別名でヤマモモソウ(山桃草)と言いますが、犬山桃草は接頭詞にイヌ(犬)と付くように本来のものと比べあまり価値の無いものとされ、ガウラより小さな花を咲かせます。花後に角っぽい紡錘形の果実が成ります。

一般名:イヌヤマモモソウ(犬山桃草)、学名:Gaura parviflora, 別名:コバナヤマモモソウ 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フトモモ目アカバナ科ガウラ属、原産地:北米、生息分布:日本関東~沖縄、環境:海岸の石灰岩質の土、草丈:1〜2 m、葉形:長楕円形、葉縁:不規則な鋸歯で波打つ、葉柄;:無、葉序:互生、花序形:複穂状花序(compound spike)、花序長:30 cm、花色:白~淡紅花、花弁数:4、花径:0.5 cm、開花期:6月~7月、果実径:0.6~0.8 cm、果実形:紡錘形。

詳細情報

フトモモ
アカバナ
ガウラ
イヌヤマモモソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
波状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
6月7月
高さ
1 ~ 2 [cm]
花径
 ~

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved