ウシノシタ

1枚の葉で一生を過ごす

  • ウシノシタ_img_0

    ウシノシタ @ 夢の島熱帯植物館

基本情報

花名
ウシノシタ
英名
Streptocarpus
学名
Streptocarpus wendlandii
別名
ストレプトカーパス, 牛の舌, Cape primrose, Streptocarpus
原産地
ナタール(南アフリカ)
生活型
非耐寒性多年草

コメント

ウシノシタ(牛の舌、学名:Streptocarpus wendlandii)は南アフリカのナタール原産で、イワタバコ科ストレプトカーパス属の非耐寒性多年草です。茎を伸ばさず、発芽した時に1枚だけが肥大し牛舌に似た大きな子葉となり、一生、本葉を出さずに過ごす単葉種です。初夏に多数出た細い花茎に紫や白い筒状花を横向きに咲かせます。小花の先端は5裂します。花後に成る果実はらせん状に捩れた紙縒り(こより)状をしています。花名の Streptocarpus はこの果実の形から付けられており、ギリシャ語で「捩れた果実」という意味です。Streptocarpus rexii(ストレプトカーパス・レクシー)は、ウシノシタと同じストレプトカーパス属の花で、茎は出しませんが放射状に多数の葉を出す多葉種の代表です。余談ですが、魚では、シタビラメ(舌平目)のことを、ウシノシタ(牛の舌)とも呼びます。

一般名:ウシノシタ(牛の舌)、 学名:Streptocarpus wendlandii(ストレプトカーパス・ウェンドランディー)、 別名:ストレプトカーパス、Cape primrose、
分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目イワタバコ科ストレプトカーパス属(ウシノシタ属)、 原産地:ナタール(南アフリカ)、生活型:多年草、草丈:20〜30cm、葉長:50〜100cm、葉幅:60cm、葉形状:長楕円形、葉色:緑(表)、赤紫(裏)、花長:3〜4cm、開花期:5月、花色:青、紫、桃、白、花形状:筒状で先端は5裂。

詳細情報

シソ
イワタバコ
ウシノシタ
ウシノシタ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室植物園
ピンク, 青, 紫, 白
開花時期
5月
高さ
20 ~ 30 [cm]
花径
3 ~ 4

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved