イチイ

Taxus cuspidata

  • イチイ
  • イチイ
  • イチイ
  • イチイ
  • イチイ
  • イチイ
  • 花名
    イチイ
  • 学名
    Taxus cuspidata
  • 別名アララギ, シャクノキ, Japanese Yew, Yew, 一位
  • 原産地日本
  • 開花場所墓地・寺院
  • 開花期3月, 4月
  • 花言葉「高尚」「哀しみ」

イチイとは

イチイ(一位、学名:Taxus cuspidata)はイチイ科の耐寒性・耐陰性常緑針葉高木です。雌雄異株の裸子植物で、春に地味な花を咲かせます。雄花は肌色(薄黄色)、雌花は緑色です。葉は互生し、線形で、鋸歯は無く、放射状に枝に付きます。花後に、頂部が開いた実がなり、中に種子が見えます。種の周りにある赤い果肉のようなものは仮種皮で、10月頃に赤熟します。用途は庭園樹や垣根です。同科同属にイチイの変種、キャラボク(伽羅木、学名:Taxus cuspidata ver. nana)があります。お互いに似ていますが、イチイの葉は横枝に平らに付くのに対し、伽羅木(T. cuspidata ver. nana)は放射状に付きます。イチイ属はカヤ属とイヌガヤ属と同様、毬果(松かさ)を作りません。

一般名:イチイ(一位、櫟)、学名:Taxus cuspidata、分類名:植物界球果植物門(裸子植物門)マツ網マツ目イチイ科イチイ属、別名:アララギ、シャクノキ(笏の木)、Japanese Yew、オンコ(onko、アイヌ語)、樹高:15〜20 m、葉身:0.5〜2 cm、葉序:互生、葉縁:全縁、葉形:線形、雄花色:薄黄色、雌花:緑色、 開花期:3月〜4月、種子形:球形


  • マツ
  • イチイ
  • イチイ
  • イチイ
  • 花のタイプ
  • 花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性・耐陰性常緑高木
  • 花の色薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1500.0 ~ 2000.0 cm
  • 花径0.3 ~ 0.5 cm

ランダムな花