イチイガシ

Quercus gilva

  • イチイガシ
  • イチイガシ
  • 花名
    イチイガシ
  • 学名
    Quercus gilva
  • 別名一位樫, ロガシ, 櫓樫
  • 原産地日本~東アジア
  • 開花場所墓地・寺院
  • 開花期4月, 5月

イチイガシとは

イチイガシ(一位樫、学名:Quercus gilva )は、日本~東アジア原産でブナ科コナラ属の常緑広葉高木です。 若木の樹皮は灰褐色ですが、老木になると暗灰色となり不規則に剥落します。 葉表は緑色、葉裏は毛が生えており白く見えます。葉縁は上部だけ鋭い鋸歯があり、先端が尖っています。雌雄同株で春に開花します。どんぐりが成り珍しく灰汁抜きせず生食できます。神社の神木や県木に使われます。材が丈夫なので、建材や船の櫓にも用いられます。

一般名:イチイガシ(一位樫)、
学名:Quercus gilva 、
シノニム:Cyclobalanopsis gilva、
分類名:植物界被子植物真正双子葉類ブナ目ブナ科コナラ属イチイガシ種、
別名:ロガシ(櫓樫)、
分布地:日本~東アジア、生活環境:崖地、岩場、
生活型:常緑高木、樹高:15~30m、樹皮:灰褐色色(若木)、暗灰色で不規則に剥落(老木)、成長:やや遅い、葉形:倒披針形で先尖、葉表色:緑、葉裏色:白っぽい、葉質:やや硬い、葉縁:上部は鋭い鋸歯、下部は全縁、花色:薄黄、雌雄同株、開花期:4月~5月、果実:堅果、ドングリの形:楕円形で縦縞あり、殻斗:横縞があり長めのビロード状毛で被覆、果実の可食:灰汁がなく生食可、材:丈夫、用途:神社の神木、県木、公園樹、建築材、器具材(船の櫓)


  • ブナ
  • ブナ
  • コナラ
  • コナラ
  • 花のタイプ
  • 花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    倒披針形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑広葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1500.0 ~ 3000.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.7 cm

ランダムな花