フモトシダ

Microlepia marginata

  • フモトシダ
  • フモトシダ
  • フモトシダ
  • フモトシダ
  • フモトシダ
  • フモトシダ
  • 花名
    フモトシダ
  • 学名
    Microlepia marginata
  • 別名
  • 原産地東アジアや東南アジアの温帯地域
  • 開花場所低山
  • 開花期

フモトシダとは

フモトシダ(麓羊歯、学名:Microlepia marginata)は、東アジアや東南アジアの温帯地域原産で、コバノイシカグマ科フモトシダ属の常緑多年性シダ植物です。山麓に生えます。草丈60 cm程です。

一般名:フモトシダ(麓羊歯)、分類名:植物界シダ植物シダ網シダ目コバノイシカグマ科フモトシダ属フモトシダ種、株高:60 cm、葉柄長:20~30 cm、葉幅:15~25 cm、葉形:楕円状三角形、葉形:単羽状複葉、羽片数:20~25対、葉縁:鋸歯。


  • シダ
  • コバノイシカグマ
  • フモトシダ
  • フモトシダ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    その他
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑多年性シダ植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ60.0 ~ 60.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花