イヌガヤ

  • イヌガヤ_img_0

    イヌガヤ @ 城ヶ崎海岸

  • イヌガヤ_img_1

    イヌガヤ @ 城ヶ崎海岸

  • イヌガヤ_img_2

    イヌガヤ @ 城ヶ崎海岸

基本情報

花名
イヌガヤ
英名
Cephalotaxus harringtonia
学名
Cephalotaxus harringtonia
別名
ヘビノキ, 犬榧, Inugaya, Japanese plum-yew, cowtail pine
原産地
日本
生活型
常緑小高木

コメント

イヌガヤ(犬榧、学名:Cephalotaxus harringtonia)は、イチイ科イヌガヤ属の常緑小高木です。雌雄異株の裸子植物です。春、地味な花を咲かせます。雄花は球状で、肌色をしており、葉裏にびっしり付きます。雌花は卵形で薄緑色をしており、疎らに付きます。葉は互生し、鋸歯は無く、線形で、葉同士が揃って密に小枝に付きます。葉先は柔らかい。果実は薄桃色で完熟すると茶褐色になりますが不味いです。

●イヌガヤとハイイヌガヤ(這犬榧)の違い
変種にハイイヌガヤがありますが、生息分布が異なり、ハイイヌガヤは多雪地帯に生息します。厳しい環境にあるのでハイイヌガヤの方が樹高が低く葉幅が短いです。

一般名:イヌガヤ(犬榧) 、学名:Cephalotaxus harringtonia 、分類名:植物界裸子植物門マツ綱マツ目イチイ科イヌガヤ属 、生息分布:東北〜九州 、別名:Harrington's cephalotaxus、Japanese plum-yew、Korean plum yew、cowtail pine、ヘビノキ 、生活型:常緑小高木、雌雄異株、樹高:5〜10m、樹皮:暗褐色、葉幅:0.2〜1cm、葉序:互生、葉縁:全縁、葉形:線形、開花期:3月〜4月、雄花色:薄黄褐色、雌花:淡緑色、葉身:2〜5cm。

詳細情報

マツ
イチイ
イヌガヤ
イヌガヤ
花のタイプ
その他
花の配列
その他
花弁の形
無し
葉のタイプ
針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
低山
緑, 橙
開花時期
3月4月
高さ
500 ~ 1000 [cm]
花径
0.2 ~ 0.3

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved