オオアワダチソウ

  • オオアワダチソウ_img_0

    オオアワダチソウ @ 不明

基本情報

花名
オオアワダチソウ
英名
Giant goldenrod
学名
Solidago gigantea var. leiophylla
別名
セイタカアキノキリンソウ, 大泡立草, 背高秋の麒麟草, Solidago, Giant goldenrod, Solidago gigantea
原産地
北米
生活型
多年草、帰化植物

コメント

オオアワダチソウ(大泡立草、学名:Solidago gigantea var. leiophylla)は、北米原産で、キク科アキノキリンソウ属の多年草の帰化植物です。日本には明治時代に北米から観賞用として伝来し、その後、野生化しました。夏に、花序に黄色い小花を泡状につけます。同科同属(キク科アキノキリンソウ属)のセイタカアワダチソウ(背高泡立草、Canada Goldenrod、学名:Solidago canadensis var. scabra(=Solidago altissima) )と似ていますが、開花期が異なります。また、本種は、先端の花穂が尖らず垂れて横に広がるのに対し、セイタカアワダチソウは尖って直立します。

一般名:オオアワダチソウ(大泡立草)、学名:Solidago gigantea var. leiophylla、又名:Giant goldenrod、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科アキノキリンソウ属、原産地:北米、草丈:100〜150cm、葉幅:1cm、葉形:披針形、葉序:互生、葉身長:6-10cm、葉縁:縁先に細鋸歯、放射相称、花序形:円錐花序、花序高:20〜30cm、頭花の花径:0.8cm、開花期:7月〜9月、花色:黄。

詳細情報

キク
キク
アキノキリンソウ
オオアワダチソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
披針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
7月8月9月
高さ
100 ~ 150 [cm]
花径
0.7 ~ 0.9

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved