オオイタビ

  • オオイタビ_img_0

    オオイタビ @ 不明

基本情報

花名
オオイタビ
英名
creeping fig
学名
Ficus pumila l.
別名
大崖石榴, オオイタビカズラ, pumila , プミラ, フィクス・プミラ, creeping fig
原産地
日本からインド
生活型
常緑蔓性低木

コメント

オオイタビ(大崖石榴、学名:Ficus pumila )は、日本、中国南部、台湾、東南アジア原産で、クワ科イチジク属の常緑蔓性低木です。気根を出し岩や塀、他の樹木上を這います。イチジク属で雌雄異株なので、葉腋から伸びた短い柄に1個の穏頭花序(イチジクと似た花嚢)をつけその中に、夏~秋、小さな雌花か雄花を咲かせます。
同属にイタビカズラやヒメイタビがあり良く似ています。それらの相違は、オオイタビはイタビカズラより果実(花嚢)が大きく、イタビカズラの葉は細長く先端が尖っていますがオオイタビとヒメイタビの葉は卵形で先端は丸みを帯びています。葉はオオイタビは皮質で光沢がありますが、ヒメイタビに光沢は無く皺があります。ヒメイタビとオオイタビでは中脈に対する側脈の角度が異なり、ヒメイタビは大きく円弧を描きますが、オオイタビは角度が急なので見分けられます。また、葉や茎にヒメイタビには毛が目立ちますが、オオイタビではさほど目立ちません。

一般名:オオイタビ(大崖石榴)、学名:Ficus pumila L.、別名:オイタビカズラ、Creeping fig、プミラ(pumila)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目クワ科イチジク属オオイタビ種、原産地:日本、中国南部、台湾、東南アジア、生息分布:房総半島以西〜九州、沖縄などの暖地、生活型:常緑蔓性低木、蔓長:2.5~4m、葉序:互生、葉形:卵形・楕円形、葉長:6〜10cm、葉色:緑、葉縁:全縁、葉質:厚い皮質、雌雄異株、花序:穏頭花序内に咲く、花嚢径:3~4cm、開花期:8月~9月、果実(花嚢)形:球形 成実期:10月〜11月、果嚢径(果実径):4~5cm、果実色:青→紫、

詳細情報

バラ
クワ
イチジク
オオイタビ
花のタイプ
花の配列
イチジク型花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域観葉植物鉢花
ピンク, クリーム
開花時期
8月9月
高さ
250 ~ 400 [cm]
花径
3 ~ 4

アクセスランキング(日別)

アイスランドポピー_img
ホワイト・バット・フラワー_img
ノウゴウイチゴ_img
ベニバナ_img

ランダムな花

ハナオクラ_img
ビワ_img
バラ 'アワユキ'_img
フノリ(布海苔)_img
スティフティア・クリサンタ_img
マサキ_img
ヤマアワ_img
キャラボク_img
ベニヒモノキ_img
レプトテス・ビカラー_img
ゼンマイ_img
チューリップ・ネグリタダブル_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved