オオバナカリッサ

  • オオバナカリッサ_img_0

    オオバナカリッサ @ 不明

基本情報

花名
オオバナカリッサ
英名
Natal plum
学名
Carissa macrocarpa
別名
マクロカルパ, Natal plum
原産地
南アフリカ
生活型
耐潮風性・耐寒性常緑中低木

コメント

オオバナカリッサ(大花Carissa、学名:Carissa macrocarpa)とは、南アフリカ原産で、キョウチクトウ科カリッサ属の耐潮風性・耐寒性常緑中低木です。枝が横に広がる性質があります。茎先から集散花序を伸ばし芳香の有る大きな白花を咲かせます。花は筒状で、先端が星状の五弁花です。花後に成る果実は球形で3〜4cm、赤いスモモに似ており、適度な酸味と甘味があるので生食やジャムなどにして食べられます。葉は皮質で厚く光沢があり、長さ3〜6cm、卵形やハート形をしており、濃緑色で対生に付きます。茎に刺があるので、熱帯地方で生は垣として使われます。

一般名:オオバナカリッサ(大花Carissa)、学名:Carissa macrocarpa、シノニム:Carissa grandiflora、別名:マクロカルパ、Natal plum(ナタール・プラム)、分類名:キョウチクトウ科カリッサ属、原産地:南アフリカ(ナタール) 、生息分布:世界の熱帯・亜熱帯地域、樹高:6~9m、 葉形:卵形/ハート形、葉長:3~6cm、葉色:濃緑、葉序:互生、花径:5cm、花色:白、 果実色:濃桃色、果実形:球形、果実径:3~4cm。

詳細情報

リンドウ
キョウチクトウ
カリッサ
オオバナカリッサ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
高杯形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域
開花時期
7月8月
高さ
600 ~ 900 [cm]
花径
4 ~ 6

アクセスランキング(日別)

アガパンサス_img
アリウム・ギガンテウム_img
パープルリーフサンドチェリー_img
花菖蒲 ’深窓佳人’_img

ランダムな花

スターツ・デザート・ピー_img
トウジュロ_img
キタノコギリソウ_img
エゾアジサイ_img
クレマチス ビーズジュビリー_img
サンブリテニア_img
ツバキ シビル・スクェア_img
パフィオ・エメラルド ゲート 'グリーン グローブ'_img
筑波実験植物園_img
ミツバオオハンゴンソウ_img
ガクウツギ_img
芍薬 ときめき_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved