かぎけん花図鑑

カラテア・バルセビッチ

基本情報
花名
カラテア・バルセビッチ
英名
Calathea warscewiczii
学名
Calathea warscewiczii
別名
Calathea warscewiczii, Jungle velvet
原産地
コスタリカとニカラグア
生活型
非耐寒性・耐暑性常緑多年草
コメント
カラテア(学名:Calathea)は、コスタリカとニカラグアの固有種で、クズウコン科カラテア属の非耐寒性・耐暑性常緑多年草です。草丈は30〜100 cmで、葉模様が美しいので観葉植物として用いられます。葉の付け根から伸びた花茎の先端に花穂を付けます。花穂には、苞と呼ばれる葉の一部が密生し花のように見えますが、実際の花は苞の間から覗く小さいものです。通常のカラテアの花は左程美しくないので観賞用とはされません。日照は明るい日陰を好みます。カラテアには150種ほどの品種があります。
カラテア・バルセビッチ(Calathea warscewiczii)は、カラテアの1種で、コスタリカなど中南米が原産地です。葉はベルベット状で濃緑色地に薄黄の羽模様が入ります。花穂と萼色は薄黄でソフトクリームのような感じです。
一般名:カラテア・バルセビッチ(Calathea warscewiczii)、学名:Calathea warscewiczii、分類名:植物界被子植物単子葉植物ショウガ目クズウコン科カラテア属、原産地:コスタリカなどの中南米、別名:ワルシェウィッツィー、Jungle velvet、草丈:50〜100 cm、葉形:長楕円形、葉質:ベルベット状 葉縁:緩く波打つ、葉色:濃緑色地に薄黄の羽模様、花穂色:薄黄(赤いものもある)、萼色:薄黄、花色:白、開花期:冬。
詳細情報
ショウガ
クズウコン
カラテア
カラテア・バルセビッチ
花のタイプ
非相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
その他
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室 (亜)熱帯地域
ピンク, クリーム, 白
開花時期
1月 12月
高さ
50  ~ 100  [cm]
花径
 ~