かぎけん花図鑑

カワラノギク

基本情報
花名
カワラノギク
英名
Aster kantoensis
学名
Aster kantoensis
別名
河原野菊
原産地
日本
生活型
多年草
コメント
カワラノギク(河原野菊、学名:Aster kantoensis)はキク科シオン属の多年草です。海辺や河原の砂地に群生する野草です。
秋に薄紫色の小花を多数付けます。
花の感じがシオンに似ています。
一般名:カワラノギク(河原野菊)、学名:Aster kantoensis、原産地:日本、生息分布:本州関東の河川河原、分類名:植物界被子植物門双子葉類キク目キク科シオン属カワラノギク種、草丈:50 cm、葉形:線形、葉長さ:7 cm、放射相称花、花冠:頭花、花序形:散房花序、花序径:3~4 cm、開花期:10月~11月、舌状花の花色:薄紫・白 筒状花:黄。
詳細情報
キク
キク
シオン
カワラノギク
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
川・池
紫, 白
開花時期
10月 11月
高さ
50  ~ 50  [cm]
花径
3  ~ 4